ヘッダー画像
人気企業への就活は、受験と同じ様に考えられる | 自分価値向上研究所

人気企業への就活は、受験と同じ様に考えられる

最近こんな記事を読みました。

東大・京大生が選んだ「就活人気100社」

この記事にこんな事が書かれていて、気になったのでブログのネタにしました。

外資系コンサルタントは、東大、京大のみならず早稲田、慶應、GMARCH層(学習院、明治、青山学院、立教、中央、法政)からも幅広く人気を集める。「ただし、学生の間ではマッキンゼーやBCGは『東大・京大など最上位大学』の学生が選考を受けるレベルの高い企業、と認識されている。一方で、アクセンチュアや野村総合研究所は、幅広い大学の学生が志望します。コンサル業界自体がインターンも含めて採用時期が早いことから商社や金融、メーカー志望層も受けるうえ、マッキンゼーやBCGに比べて採用の枠が多いことも人気の理由の1つになっています」

via:東大・京大生が選んだ「就活人気100社」

この一文を見てあなたはどう考えたでしょうか?

「なるほどー、マッキンゼーやボスコンは東大京大の学生がいて、アクセンチュアや野村総合研究所は早慶やMARCHなどの学生など多くの学生がいるんだなー」

普通そう考えるのではないでしょうか。

しかしここで気をつけて欲しいのは、「人気=その企業にはその学歴の層が多い」と言うことではないと言うことです。

人気≠企業にその学歴の人が多い

引用した文を読んでいると、あたかもアクセンチュアや野村総合研究所にはGMARCHを含め幅広い学生がいると考えてしまいそうですが、現実はそうではありません。

アクセンチュアや野村総合研究所で働いている人は、ほとんど早慶以上の学歴です。

MARCH以下はとても少ない。

実際、僕の友人でMARCH以下の学歴でアクセンチュアや野村総合研究所のコンサルとして入社する人は知っている限り一人しかいません(SEは別)。

その一人でさえ、自分でブランドを立ち上げたり海外留学経験があったりと、MARCH以下の学生の中では一歩抜きん出た経験を持っています。

それなのに、「MARCHの学生から人気」と言っていかにもMARCH以下の学生が多いように、変に希望を持たせる様な事を書くのは、就活生の情報混乱を招くのでよくないのではと思います。

就活は企業と自分の偏差値がわからないから難しい

そもそも、就活って自分の相対的な価値がわかりづらいから、正しく情報を処理することが難しい。

高校受験や大学受験なら、高校・大学に偏差値がついていて、模試を受ければ自分の偏差値が出て、周りの受験生との相対的な順位もわかる。

故に、偏差値50くらいなのに東大京大を受けることもないし、受かるかもなんて希望を持つこともない。

偏差値が全然足りなくても早慶を受ける学生はいるが、それはあくまで記念受験。

鼻から受かる気は無いのである。

しかし、就活では企業に偏差値もなければ、自身の相対的な価値(偏差値)を知る手段もない。(2chのあてにならない偏差値はあるが)

それに、受験と違って頑張ればいくらでも大企業を受けられるから、どこか一社くらい引っかかるだろうと考える。

故に、上記の様な記事を読んで、アクセンチュアや野村総合研究所ならMARCHの僕でも行けるんだ!と思ってしまう。

だが考えて欲しい。

自分の相対的な価値(偏差値)が人気企業のレベル(偏差値)に達していないのに、どうして内定をもらえるだろうか。

別に意地悪でこの様に書いているのではないです。

受験と同じで、少なくとも数社は自分の身の丈にあった企業や、言い方は悪いかもしれないが、いわゆる”滑り止め”の企業を受けた方がいいよと言うことです。

じゃないと、人気企業ばかり受けて全滅、夏過ぎて結局眼中にもなかった知らない企業に就職になりかねません(もちろん、名も知らぬ企業が悪いと言っているわけではないですが、少なくとも望んでいるわけではないでしょう)。

学歴である程度自分のレベルはわかる

では自分の相対的な価値ってどれくらいなんだろうか。

それは学歴である程度わかります。

実際、外資系コンサルティング業界では東大京大など旧帝大、一橋東工、早慶、海外大などが大半です。

僕の様なMARCHは少数派です。

さらにそれ以下となると、超レアです。

遊戯王で言えばレリーフレベル(古いか笑)。

これは別に偏差値高い大学だから有利とかそう言うのではなくて、単純に上記の様な大学の学生の方が地頭が良く、海外留学や起業など評価される経験をしている人数が多いだけです。

そう言うレベルの層が、偏差値の高い大学では一般的なのです。

この様に、周りの同じ大学の学生と同じ様な道を歩んできた人は、学歴=自分のレベルと考えて大きく違わないはず。

逆に、周りとは違う経験をしてきた人や、英語がペラペラ話せるなど周りとは違った能力を持っている人は、同じ学歴の学生よりも自分の価値の方が高いかもしれません。

そう言う場合は、自分と同じ様な経験をしていたり、同じ様な能力を持っている学生が多い大学を、友達に聞いたりして探してみるといいかもしれません。

その大学のレベルが、自分のレベルと考えていいと思います。

企業の入社難易度を知る大切さ

自分の価値が学歴と同じくらい、またはそれ以上の経験をしていたらもっと価値が高いと言うことがわかったら、次は企業のレベルを知ることが大切です。

そこで

  • 大学の就職先名簿で、その企業に何人入社しているのか確認
  • OB・OG訪問でどの学歴層が多いのか確認
  • OB・OG訪問でどう言う経験を持った人が多いのか確認

は最低限してみてください。

上の方法である程度の企業の入社難度は確認できます。

例えば、自分の大学から近年一人も入社していない企業に入るのは相当難しい。

言うなれば、近年のあなたの大学の中でNo.1になる必要があるわけです。

こう考えると、結構企業の入社難易度が客観的に分かってくると思います。

そして、自分のレベルと企業のレベルを比較して、挑戦枠、普通枠、滑り止め枠で各枠数社〜数十社受ければ、大きく就活で失敗することはないでしょう。

もちろん能力だけではないけれど…

以上、就活を受験に例えて能力偏重で書きましたが、もちろん就活ではその企業との相性や性格の適性など、能力とは異なる要素にも左右されます。

「就活はマッチングの要素が強い」なんて言われる様に、確かにマッチングの側面もあると思います。

しかし、就活を始めればわかるのですが、内定をもらえる人は本当にたくさんもらえる一方、もらえない人は全然もらえないと言うのが結構あります。

コンサルを例にとれば、BIG4と呼ばれるアクセンチュア・PwC・EY・KPMGの内定を持っている人は、結構この中で2つ以上持っていたりしますし、それ以外のNRIの内定も持っていたりします。

そのほか、総合商社志望の人が上記のコンサルを”滑り止め”として受けて内定を取っていくのもよくあります。

つまり、なんだかんだ言っても就活って、能力や経験が物を言うと、僕は周りを見ていてもそう確信しています。

特に人気企業であればあるほどその傾向は強い。

最初に人気企業ばかり受けて全落ちして後から他の企業を見始めても、もう時すでに遅し。

就活序盤で受けていれば内定をもらえた様な企業も、もう募集を終えているでしょう。

そうならないためにも、しっかりと幅広いレベル感の企業を受けておいたほうがいいです。

就活頑張ってください。