Amazonプライムの登録方法|無料体験の注意点も解説【2022年最新】

「Amazonプライムの無料体験に登録したい」
「登録の注意点は?」
「無料体験だけの利用でも大丈夫?」

おそらく、公式のAmazonプライム登録ページは少し分かりづらいので、このように思うのではないでしょうか。

そこでこの記事では、これから登録するあなたに向け、登録完了までのステップや入力内容まで、図を使って丁寧に説明します。

また、併せて「登録の際の注意点は何か?」「解約は簡単にできるのか?」と言った事もご説明。

この記事を読めば、あなたも安心、かつすぐにAmazonプライムに登録できるはずです。

Amazonプライムとは?

Amazonプライムは、月額500円 or 年会費4,900円で、送料無料やお急ぎ便、Prime Videoなど様々な特典を、追加料金なしで使えるサービスです。

会員登録すると、殆どの特典を「追加料金なし」「月額500円(税込)ポッキリ」で利用できます。

また、誰でも30日間の無料体験ができ、無料体験の期間中も有料会員と全く同じ様に各サービスを利用できます

Amazonプライムの登録に必要な準備

次にアマプラ無料体験の登録準備として、支払い方法(手段)とAmazon.co.jpの無料アカウントを用意します。

支払い方法にはクレジットカードや携帯決済、Paidy後払いなどが利用できますが、ギフト券は無料体験登録に使えないのでご注意ください。

>>有料会員登録:Amazonプライムにギフト券で登録する方法

無料体験だけ利用する場合も支払い方法の登録が必須ですが、体験期間中に解約した場合料金はかからないのでご安心ください。

※Amazonの無料アカウントを持っていない場合は、アカウント作成より1分で作成できます。

Amazonプライムの登録方法(手順)4ステップ

準備を済ませたら早速登録しましょう。3分程度ですぐに登録できますが、先に登録までの4ステップを載せておきます。

1ステップずつ丁寧に解説するので、読みながら登録を進めてみてください。

ステップ1:
Amazonプライム登録ページにアクセス

先ず、Amazonプライムの公式登録ページにアクセスします。

次に、登録したいプランに応じ、適切なボタンをタップします。

プランの違いは料金と契約更新頻度ですが、迷ったら「30日間の無料体験を試す」をタップし、月間プランで登録するのがおすすめ。

私も無料体験後に有料会員になるか決めていなかったので、とりあえず月額プランで登録しました。

ステップ2:
Amazon無料アカウントでログイン

次に、お持ちのAmazon無料アカウントでログインします。Eメールアドレス or 携帯番号とパスワードを入れて「ログイン」をタップでOKです。

既にログインしている場合、このページは表示されないので、そのまま次のステップに進みます。

ステップ3:
支払い方法を選択・登録

次に、以下の支払い方法(手段)のうち一つを選択・登録します。

  • クレジットカード
    (家族カードも可)
  • 携帯キャリア決済
    (Docomo / au / Softbank)
  • 「Paidy」翌月払い
  • パートナーポイントプログラム
    (JCB Oki Dokiポイント)

先述の通り、Amazonプライムは初回30日間は無料ですが、無料体験だけ利用する場合も支払い方法の登録は必須です。

ただもちろん、無料体験期間中に辞めた場合料金はかからないので、安心して大丈夫です。

ステップ4:
請求先住所を登録

これで最後、請求先住所を登録します。具体的には、以下の通り入力すればOKです。

上記の内、住所2と会社名は基本記入せず、空欄でOK。会社に届ける場合のみ会社名を、住所が長い場合のみ住所2に続きを記載します。

そして最後、これまで入力した「お支払い方法」「請求先住所」が正しく入力されているか確認し、「30日間の無料体験を試す」をタップします。

お疲れ様でした。これで登録完了です。

※無料体験期間中に解約すれば料金はかかりません

Amazonプライムの登録の注意点2つ

さて、Amazonプライムのお試し登録のやり方は分かりましたでしょうか?

Amazonプライムは、無料体験に申し込みする事でかなり多くのサービスが追加料金なしで利用し放題となります。

ただ、気を付けないと「こんなはずじゃなかった!」となりかねないので、ここでは登録に際する注意点を2つお伝えします。

  1. 今後、値上がりする可能性がある
  2. 無料体験後は自動的に有料会員になる

安心して登録するためにも、読み進めてみてください。

登録の注意点①:
今後、値上がりする可能性がある

2021年現在、Amazonプライムの料金は月額500円 or 年会費4,900円ですが、今後高くなる可能性があります。

というのも、海外では料金が段階的に引き上げられており、例えばアメリカでは、当初約9,000円だったのが2回値上げされ、現在は約13,000円となっています。

日本でも2019年に、年会費が3,900円から4,900円に値上げされましたが、海外各国の料金と比較するとまだまだ安いので、今後の値上げには要注意です。

参考:アマゾン、プライム年会費を初の1000円値上げ–担当者が理由を明かす

登録の注意点②:
無料体験後は自動的に有料会員になる

最後の注意点で、無料体験終了後は自動で有料会員になるので、要注意です。

Amazonプライムは登録のタイミングに関わらず、登録日から30日間が無料体験期間なので、登録から31日目に自動で有料会員になるという事です。

  • 3/1に無料体験登録した場合
    〜3/30までが無料期間。3/31から有料に
  • 3/15に登録した場合
    〜4/13までが無料期間。4/14から有料に
  • 3/31(月末)に登録した場合
    〜4/29までが無料期間。4/30から有料に

そのため、「無料体験してみたけど、有料会員になる程じゃない」と思った場合は、自ら解約する必要があります。

Amazonプライムの解約方法

とはいえ、Amazonプライムの解約方法は、これからご説明する最短手順で手続きすれば1分程度で終わります。

多少分かりづらい解約手続きですが、以下に画像も添付しているので、保存しておくと安心ですね。

では早速、手順は以下となります。

  1. Amazonプライム会員情報」にアクセス
  2. 「プライム会員情報の管理」をタップ
  3. 「会員情報を更新し、プライムをキャンセルする」をタップ
  4. 「プライム会員資格を終了し、特典の利用を止める」をタップ
  5. 「特典と会員資格を終了」をタップ
  6. 「会員資格を終了する」をタップ
  7. 「20xx/xx/xx特典と会員資格を終了」をタップ

因みに、無料体験の初日に解約しても、残りの無料体験期間中はAmazonプライムの各サービスを利用できます

極端な話、無料体験登録直後に解約しても30日間はプライム会員特典を利用できるという事です。

そのため、解約忘れが心配なら、無料体験登に登録した後、早めに上記手順で解約し、無料体験終了後に改めて有料会員になるか考えると良いでしょう。

登録も解約も簡単。無料体験だけ試すのも全然あり

Amazonプライムの登録ページは、説明が少なく何を入力すれば良いか分かりづらい箇所がありますが、今回ご説明した登録方法を参考にすれば簡単に登録できると思います。

ただ、登録後は30日経つと自動で有料会員になるので、くれぐれも意図しない解約忘れには注意です。

もし、解約忘れが心配なら、登録後に予め、今回ご説明した解約方法で解約しておくと良いでしょう。

そして、解約後に改めて、有料会員になるか考えると良いと思います。

※無料体験期間中に解約すれば料金はかかりません

フォローする