【図で分かる】Amazonプライム30日間無料体験の「登録方法」を丁寧に説明

サクッとAmazonプライムに登録したい
登録の際に注意すべきことは?
とりあえず登録しちゃってOK?

公式のAmazonプライム登録ページは、非常にシンプルで直感的に登録できますが、ちょっと説明が少ないなと言う印象。

かく言う私も、Amazonプライムの登録時には、「こんな簡単に登録できるけど…これで良いんだよね?」と若干不安になったものです。

その後、不安ながらも登録し、結局上記は杞憂で終わったのですが…。

とは言え、予め登録方法(手順)の全体像を知っておいた方が安心して登録できると思うので、本記事では図を用いて登録方法をご説明します。

また、併せて「登録の際の注意点は何か?」「解約は簡単にできるのか?」と言ったところもご説明。

この記事を読めば、あなたも安心してAmazonプライムに登録できるはずです。

※冒頭でAmazonプライムの基本情報についてご説明しています。登録方法だけさっさと知りたいよって方は「Amazonプライムの登録方法(手順)は?」まで飛ばしちゃってください

Amazonプライムとは?

先ず、サクッとAmazonプライムとは何ぞや?というところの復習から。

Amazonプライムとは、以下のような会員サービスとなっています。

Amazonプライムは、年間プラン4,900円(税込)または月間プラン500円(税込)で、迅速で便利な配送特典や、プライム会員特典に含まれるPrime Video、Prime Music、Amazon Photos、Prime Reading等のデジタル特典を追加料金なしで使える会員制プログラムです。

引用:Amazonヘルプ&カスタマーサービス「Amazonプライムについて

上記をまとめた上で少し補足すると、以下がポイントとなります。

  • Amazonプライムに入るとPrime○○と名の付くサービス(特典)が使える
  • 料金は月額400~500円(月額、年額の変更は後からでも可)
  • 通常版と学生版がある
  • 30日間の無料体験がある

一つずつ説明しますね。

基本情報①:Amazonプライムに入るとPrime○○と名の付くサービス(特典)が使える

先ず、Amazonプライムは会員制サービスの名称であり、登録することでPrime〇〇と名のつくサービスが基本的に使い放題となります。

代表的なサービスは、注文した当日や翌日に商品が届くお急ぎ便や、様々な映画・ドラマ・アニメが見れるPrime Video、プライム会員のみ参加できるプライムデーなど。

Amazonプライムに登録するとこれらが使い放題となります。

よく「AmazonプライムとPrime Videoの違いは?」と言った質問をいただきますが、これに答えると「Amazonプライムの中にPrime Videoが含まれています」、となります。

Prime VideoはAmazonプライム会員特典に含まれていますか?
Amazonプライム会員の特典として、プライム会員特典対象作品を視聴できます。

引用:Amazonヘルプ&カスタマーサービス「Prime VideoはAmazonプライム会員特典に含まれていますか?

なので、Amazon系のサービスで登録するものと言ったら、基本的には無料のAmazon会員かAmazonプライムのみとなるので、例えばPrime Videoの見放題作品を見たい場合、Amazonプライムに登録すれば見ることができます。

※無料体験期間中に解約すれば料金はかかりません

基本情報②:料金は月額400~500円(月額、年額の変更は後からでも可)

次に、Amazonプライムの会費をおさらい。

月額会員の場合は500円/月年額会員の場合は4,900円/月(月額換算:408円)です。

ここで、月額会員と年額会員の違いは契約更新頻度の違いです。

月額会員は月々の契約のため、1月ごとに契約/解約できる一方、年額会員より少しだけお高めな料金になっていますね。

登録の際は、ずっとAmazonプライムを続けるか分からない場合は月額会員にし、当分使い続ける予定なら年額会員と言った感じで選ぶと良いと思います。

まあ、月額か年額かは後からでも変更可能なので、迷った場合、有料会員になっても柔軟に変更できる月額会員にしておくと良いと思います。

因みに、料金に関しては以前「Amazonプライムの年会費は妥当?今後値上がりする可能性があるって本当?」に詳しく書いたので、気になったら参考にしてみてください。

基本情報③:通常版と学生版がある

次に、Amazonプライムの種類について。

Amazonプライムには全員が共通で入れる、この記事でもご説明している通常版と、学生のみ入れるPrime Studentがあります。

学生版は通常版と殆ど同様のサービスが半額で使えるので超お得。

学生ならではの特権で羨ましい限りです(とは言え、私も学生の頃はPrime Studentを散々活用していましたが笑)

そんなPrime Studentの登録方法は、以前「【図で分かる】学生向けAmazonプライムの登録方法を丁寧に説明〜Prime Student〜」に詳しく書いたので、学生の方はこちらを参考にしてみてください。

社会人のあなたは、このまま読み進めてください。

基本情報④:30日間の無料体験がある

最後の基本情報として、Amazonプライムには30日間の無料体験があります。

これまでAmazonプライム会員になったことがない方は、先ずこの30日間の無料体験に登録し、気に入れば有料会員になって継続利用する流れとなります。

また、よく他のサービスでは無料体験期間中は一部機能が制限されたりしますが、Amazonプライムの場合、無料体験期間中も有料会員と同じサービス(特典)が全て使い放題となります。

そのため、有料会員になる前にしっかりサービスを利用して、その後も継続するか判断することができます。

まあ私の場合、当初は無料体験期間だけで止めようと思っていたものの、Amazonプライムの便利さにハマり、結局有料会員になって使い続けているので、もし無料体験だけと考えているなら、ハマりすぎには注意です…。

※一度無料体験登録をした方でも、一定期間経つと再度無料体験登録できる場合があります。この場合、登録ページに「30日間の無料体験を試す」の表記が出るので、一度無料体験をした方も確認してみると良いことがあるかもしれません

※無料体験期間中に解約すれば料金はかかりません

Amazonプライムの登録に必要な準備は?

さて、Amazonプライムの基本情報についてはザッとご説明したので、ここからはAmazonプライムの登録に向けてご説明します。

先ず、登録方法(手順)に入る前に、必要な物を準備しておいた方がスムーズに登録できるのでご紹介。

登録に際して必要なものは以下となります。

  • 支払い方法(手段)
  • Amazonの無料アカウント

一つずつ説明します。

登録の準備①:支払い方法(手段)

先ず、Amazonプライムの登録には支払い方法(手段)が必要になります。

具体的には、以下の何かを用意してください。

  • クレジットカード(家族カードも可)
  • キャリア決済(Docomo / au / Softbank)
  • デビットカード

Amazonプライムには30日間の無料体験がありますが、無料体験だけで辞める場合も、一応最初に支払い方法を登録する必要があります。

これは、最低限あなたに支払い能力があるかチェックするような役割も担っているはずなので、少し面倒ですがどれか一つ登録してください。

ただ、無料体験の期間中に辞めた場合料金はかからないので、そこはご安心を。

登録の準備②:Amazonの無料アカウント

最後に用意する必要があるのはAmazonの無料アカウント

既に無料アカウントを持っている場合はそちらのアカウントでAmazonプライムに入れますが、もしまだ持っていなければAmazon公式サイト「アカウントを作成」から作成できます。

メールアドレス(Gmailなどのフリーメールとキャリアメール、どちらでも可)さえあれば、後は氏名を入力し、パスワードを決めて入力すればOK。1分で完了です。

Amazonプライムの登録方法(手順)は?

さて、上記でご紹介したものを準備したら、早速登録ですね。

3分程度ですぐ終わりますが、一応登録までの4ステップを載せておきます。

1ステップずつ丁寧に解説するので、読みながら登録を進めてみてください。

Step1:Amazonプライム登録ページにアクセス

先ず、Amazonプライムの公式登録ページにアクセスします。

次に、「30日間の無料体験を試す」をタップして次のページへ。

ここで、「30日間の無料体験を試す」をタップして登録を進めると、月間プランで登録されます。

一方、画像下に小さく書いてある「他のプランを見る」をタップすると、以下のような画面になり、月間プランと年間プランの選択画面となります。

年間プランの方が1年あたり1,100円安いですが、1年分まるっと契約されるため、柔軟に解約できないデメリットもあります。

よって、現時点で有料会員になるかまだわからない場合は、「30日間の無料体験を試す」をタップし、月間プランで登録するのが良いと思います。

一方、既にAmazonプライムの有料会員になる意思があるのであれば、「他のプランを見る」をタップし、年間プランを選択すると、少し安くお得に登録できます。

無料体験期間中にも月額/年間プランの変更は可能です。そのため、どうしても悩んだら一旦「30日間の無料体験を試す」ををタップし、後で再考するのもありです

Step2:Amazon無料アカウントでログイン

次に、お持ちのAmazonアカウントでログインします。

Eメールアドレス or 携帯番号とパスワードを入れて「ログイン」をタップでOKです。

※上でもご説明しましたが、もしまだアカウントを持っていなければ、Amazon公式サイト「アカウントを作成」から作成できます。メールアドレス(Gmailなどのフリーメールとキャリアメール、どちらでも可)さえあれば、後は氏名を入力し、パスワードを決めて入力すればOK。1分で完了です

Step3:支払い方法を選択・登録

次に、支払い方法(手段)を選択・登録します。

支払い方法は以下のどれか一つを選択し、登録します。

  • クレジットカード(家族カードも可)
  • キャリア決済(Docomo / au / Softbank)
  • デビットカード

先にも述べたとおり、Amazonプライムは当初30日間は無料体験期間ですが、仮に無料体験だけで辞めるとしても、支払い方法の登録が必要となります。

もちろん、30日間の無料体験期間中に辞めた場合、料金はかかりません。

Step4:請求先住所を登録

これで最後、請求先住所を登録します。

※既にAmazonのアカウントに登録してあれば自動入力されるはずなので、こちらは飛ばして大丈夫です

個人利用で使う場合は、自宅の住所を入れれば大丈夫です。

支払い自体は先ほど登録したクレジットや携帯決済で行うので、払込用紙のようなものが家に来るわけではなく、領収書を発行する際に請求先として記載されるだけです。

因みに、住所1と住所2がありますが、住所1だけの入力で大丈夫。住所2は住所1の制限文字数を超過する場合に続きを入力する用です。

住所が住所1に入力可能な文字数よりも長い場合は、住所2に続きをご入力ください。

引用:Amazonヘルプ&カスタマーサービス「請求先およびお届け先住所について

また会社名の欄は、注文した商品の届け先が会社の場合に、配達員の方が目印に使うために必要な欄となっています。

そのため、届け先が自宅の住所などの場合は「空欄」 or 「自宅」と入れておけば大丈夫です。私も「自宅」と入力しています。

そして最後に、スマホの電話番号を入れて「この住所を使用」をタップした後、「30日間の無料体験を試す」をタップすれば登録手続きは完了です。

この後はもう手続きは必要なく、通常のAmazonプライム有料会員と同様に、お急ぎ便無料やAmazonプライムビデオを楽しむことができます。

お疲れ様でした。

Amazonプライムの登録の注意点は?

さて、Amazonプライムの登録は無事完了しましたでしょうか?

Amazonプライムでは、いつの間にか追加料金がかかるなどのトラブルは発生しづらい(発生しても簡単に返金を受けられる)ため、基本的に登録したら後は安心して使い続けることができます。

ただ、少し気をつけておきたいことがあるので、こちらでお伝えします。

※内容は、以前「Amazonプライム無料体験には罠がある?回避方法もご紹介」で書いた内容をまとめたものです

登録の注意点①:ハマりすぎに注意

先ず、Amazonプライムはお急ぎ便無料が便利すぎる上、Amazonプライムビデオは特典の一つとは思えないほど面白い作品がたくさんあるため、ハマりすぎに注意です。

私の場合、基本的に日用品の買い物は全てAmazonプライムで済ませているので、一々スーパー等に買い物に行っていた時と比べて圧倒的に時間削減ができています。

一方、それにより運動量が激減したり、新商品との出会いと言ったものは減ったので、便利も過ぎると弊害があるなと感じています(笑)

また、プライムビデオはAmazonプライム登録当初は全く期待していなかったものの、特に近年はメジャー作品がガッツリ追加されてきており、見たい作品も増えているので、鑑賞に結構時間が持っていかれています(笑)

このような感じで、Amazonプライムは圧倒的に便利でエンタメも充実している一方、ハマりすぎると負の側面も出てくるので、ハマりすぎには注意し、適度に使うのが良いと思います。

登録の注意点②:無料体験後は自動的に有料会員になる

最後に、無料体験登録した場合、31日目には自動的に有料会員に移行するので、そこは注意してください。

Amazonプライムの無料体験は30日間無料、これは紛れもない事実で、無料体験期間中に請求が来ることはないですが、30日過ぎて31日目には自動で有料の会員に切り替わります

※移行のタイミングはあくまでも登録から30日過ぎた31日目。毎月1日始め、31日締めなど特定の日は決まっていないので、いつ無料体験登録しても30日間は無料で利用できます

そのため、「無料体験してみたけど、有料の会員になって継続するほどじゃないな」と思った場合には、自ら解約する必要があります

同様に、「今回は無料体験するだけ。有料の会員になるかはまた今度決めよう」という場合にも、忘れずに解約する必要があります。

無料体験登録とだけ聞くと、無料体験が終わったらただAmazonプライムが使えなくなるだけと勘違いする場合もあるので、注意です。

そのため、もし有料会員にはならない場合は、次にご説明する方法で無料体験期間中に解約する必要があります。

Amazonプライムの解約方法は?

とはいえ、Amazonプライムの解約方法は非常に簡単で、1分程度で終わります。

よく別のサービスで、解約手続きが難しくて解約を諦めさせる作戦を実行しているのでは?と疑わしい場合がありますが、Amazonプライムの場合はすぐ解約できるので、そこは安心です。

では早速、手順は以下となります。

  1. Amazon公式サイトの「Amazonプライム会員登録をキャンセルする、返金を受ける」にアクセス
  2. 「Amazonプライム会員登録のキャンセル」をタップ
  3. 「特典と会員資格を終了」をタップ
  4. 「会員資格を終了する」をタップ

これだけです。

何とか引き留めようと何回か再確認されますが、気にせず終了しましょう。

因みにこの方法は、無料体験の初日に実施しても、残りの無料体験期間はAmazonプライムの各サービスを利用できます

例えば、12/1に無料体験登録してその日に上記手続きをした場合も、12/30までは無料でAmazonプライムの各サービス(特典)を利用することができるというわけです。

そのため、もしまだ有料会員になるか決めてないのであれば、解約し忘れを防ぐため、無料体験開始後すぐに解約手続きをしても良いですね。

ただ解約しても、上でも述べたとおり結局Amazonプライムにハマって再登録することになる気がしますが…(笑)

※無料体験期間中に解約すれば料金はかかりません

まとめ

Amazonプライムは翌日配送無料が使い放題で非常に便利だったり、Prime Videoで様々な映画など見れたり、非常に中毒性の高いサービスです。

私の場合、当初は「無料体験だけして解約しよう」と考えていたものの、その魅力に取り憑かれ、いつの間にか6年もプライム会員を続けています。

とは言え、使ってみたらそうでもなかったという場合もあり得るので、今回ご紹介した「回避方法」で、無料体験登録後に一旦解約しておくのはありでしょう。

そうすることで、勝手に有料会員になるのを避けられるので、30日の無料体験後にじっくりと有料会員になるか考えられます。

先ずは無料体験登録して、Amazonプライムの便利さ・楽しさを体験してみてください。

フォローする