【図で分かる】Amazonプライム30日間無料体験の「登録方法」を丁寧に説明

サクッとAmazonプライムに登録したい
登録の際に注意すべきことは?
とりあえず登録しちゃってOK?

公式のAmazonプライム登録ページは、非常にシンプルですが、ちょっと説明が少ない印象。

以前私がAmazonプライムに登録した際も、「登録までどれくらいかかるの?」「住所2って何?会社名も必要?」など、若干不安になったものです。

そこでこの記事では、登録完了までのステップや各項目に入力する内容まで、図を使って丁寧に説明します。

また、併せて「登録の際の注意点は何か?」「解約は簡単にできるのか?」と言った事もご説明。

この記事を読めば、あなたも安心してAmazonプライムに登録できるはずです。

Amazonプライムとは?

最初に、「Amazonプライムが思っていたようなサービスじゃなかった!」とならないように、サクッとAmazonプライムのサービス概要を復習します。

まず、Amazonプライムは、一文で表すと、以下のような会員サービスです。

Amazonプライムは、年間プラン4,900円(税込)または月間プラン500円(税込)で、迅速で便利な配送特典や、プライム会員特典に含まれるPrime Video、Prime Music、Amazon Photos、Prime Reading等のデジタル特典を追加料金なしで使える会員制プログラムです。

引用:Amazonヘルプ&カスタマーサービス「Amazonプライムについて

上記をまとめた上で少し補足すると、以下がAmazonプライムの特徴となります。

  1. Amazonプライムに入るとPrime○○と名の付くサービス(特典)が使える
  2. 料金は月額400~500円(月額、年額の変更は後からでも可)
  3. 通常版と学生版がある
  4. 30日間の無料体験がある

一つずつ説明しますね。

※無料体験期間中に解約すれば料金はかかりません

基本情報①:
Amazonプライムに入るとPrime○○と名の付くサービス(特典)が使える

先ず、Amazonプライムは会員制サービスの名称であり、登録することでPrime〇〇と名のつくサービスが基本的に使い放題となります。

代表的なサービスは、注文した当日や翌日に商品が届くお急ぎ便や、様々な映画などが見れるPrime Video、プライム会員のみ参加できるプライムデーなどですね。

また、よく「AmazonプライムとPrime Videoの違いは?」と質問をいただきますが、上記の通り、「Amazonプライムの中にPrime Video見放題が含まれています」。

Prime VideoはAmazonプライム会員特典に含まれていますか?
Amazonプライム会員の特典として、プライム会員特典対象作品を視聴できます。

引用:Amazonヘルプ&カスタマーサービス「Prime VideoはAmazonプライム会員特典に含まれていますか?

よって、Prime Videoで様々な映画・ドラマ・アニメを見たいのであれば、Amazonプライムに入会すればOKです。

基本情報②:
料金は月額400~500円
(月額、年額の変更は後からでも可)

次に、Amazonプライムの会費をおさらい。

月額会員の場合は500円/月、年額会員の場合は4,900円/月(月額換算:408円)で、月額会員と年額会員の違いは契約更新頻度の違いです。

月額会員は月々の契約のため、ひと月ごとに契約更新 or 解約できる一方、年額会員より少しだけお高めな料金ですね。

登録の際は、Amazonプライムを利用し続けるか分からない場合は月額会員にし、当分使い続ける予定なら年額会員にすると良いです。

ただ、料金プランは後からでも変更可能なので、迷った場合は、後から柔軟に契約変更できる月額会員にしておくと良いと思います。

基本情報③:
通常版と学生版がある

次に、Amazonプライムの種類について。

Amazonプライムには、この記事でもご説明している通常のAmazonプライムと、学生限定のPrime Studentがあります。

Prime Studentは通常のAmazonプライムと殆ど同じサービス内容にも関わらず料金が半額と、正に学生ならではの特権となっています。

そんなPrime Studentの登録方法については、別にPrime Studnetの登録方法を書いたので、学生の方はこちら参考にしてください。

社会人のあなたは、このまま読み進めてください。

基本情報④:
30日間の無料体験がある

最後の基本情報として、Amazonプライムには30日間のお試し期間があります。

これまでAmazonプライム会員になったことがない方は、最初に30日間の無料体験に登録し、気に入れば有料会員になって継続利用する流れとなります。

また、無料体験でも有料会員と同じサービス(特典)が全て利用し放題なので、無料体験だけでも利用する価値アリです。

とは言え、私の場合、当初は無料体験期間に辞めようと思っていたものの、Amazonプライムの便利さに感動し、結局有料会員になって使い続けているので、ハマりすぎには要注意です…。

Amazonプライムの登録に必要なものは2つ

さて、ここからはAmazonプライムの登録に向けてご説明します。

この後ご説明する登録方法(手順)に入る前に、登録に必要な物を準備しておいた方がスムーズに登録できるので、先にご紹介します。

登録に際し、必要なものは以下となります。

  1. 支払い方法(手段)
  2. Amazonの無料アカウント

一つずつ説明します。

登録に必要なもの①:
支払い方法(手段)

先ず、Amazonプライムの入会には支払い方法(手段)が必要になります。

具体的には、以下の何か一つが必要です。

  • クレジットカード
    (家族カードも可)
  • 携帯キャリア決済
    (Docomo / au / Softbank)
  • デビットカード
  • 「Paidy」翌月払い
  • パートナーポイントプログラム
    (JCB Oki Dokiポイント)
  • ギフト券
    (無料体験登録では使用不可)

ここで、ギフト券は無料体験の登録に使えないので注意してください(有料会員登録時には使えます)。

また、無料体験のみで退会する場合も、支払い方法の登録は必須とります。

これは、有料会員に移行した後、あなたに支払い能力があるかチェックしているので、少し面倒ですがどれか一つ登録する必要があります。

ただ、無料体験の期間中に解約した場合、料金はかからない(0円)ので、そこは安心して大丈夫です。

登録に必要なもの②:
Amazonの無料アカウント

最後に用意する必要があるのは、Amazonの無料アカウント

もし、まだ持っていなければ、事前に作成しておく必要があります。

因みに、Amazonの無料アカウントは「アカウントを作成」から作成できます。

メールアドレスと氏名を入力し、パスワードを決めて入力するだけなので、1分程度でアカウント作成できます。

Amazonプライムの登録方法(手順)4ステップ

さて、支払い方法とAmazonの無料アカウントを用意したら、早速登録ですね。

3分程度ですぐに登録できますが、先に登録までの4ステップを載せておきます。

1ステップずつ丁寧に解説するので、読みながら登録を進めてみてください。

Step1:
Amazonプライム登録ページにアクセス

先ず、Amazonプライムの公式登録ページにアクセスします。

次に、登録したいプランに応じ、適切なボタンをタップします。

  • 月額プランで登録したい場合
    「30日間の無料体験を試す」をタップ
  • 年間プランで登録したい場合
    「他のプランを見る」をタップ後、年間プランが選択されていることを確認し、「30日間の無料体験を試す」をタップ

「他のプランを見る」をタップした場合は右の画面になるので、ここで「30日間の無料体験を試す」をタップすれば年間プランで登録できます。

先ほどもご説明した通り、年間プランの方が1,100(円/年)安いですが、1年分まるっと契約されるため、柔軟に解約できないデメリットもあります。

そのため、現時点で有料会員になるかまだわからない場合は、最初の画面で「30日間の無料体験を試す」をタップし、月間プランで登録するのが良いと思います。

一方、既にAmazonプライムの有料会員になる意思があるのであれば、「他のプランを見る」をタップし、年間プランを選択すると、少し安くお得に登録できますね。

無料体験期間中にも月額/年間プランの変更は可能です。そのため、どうしても悩んだら一旦「30日間の無料体験を試す」ををタップし、後で再考するのもありです

Step2:
Amazon無料アカウントでログイン

次に、お持ちのAmazon無料アカウントでログインします。

Eメールアドレス or 携帯番号とパスワードを入れて「ログイン」をタップでOKです。

既にAmazonにログインしている場合、このページは表示されないので、そのまま次のステップに進んでOKです。

Step3:
支払い方法を選択・登録

次に、支払い方法(手段)を選択・登録します。

支払い方法は以下のどれか一つを選択し、登録します。

  • クレジットカード(家族カードも可)
  • デビットカード
  • Paidy翌月払い
  • 携帯キャリア決済
    (Docomo / au / Softbank)

先にも述べたとおり、Amazonプライムは初回30日間は無料体験期間ですが、無料体験で辞める場合も、支払い方法の登録は必須です。

もちろん、30日間の無料体験期間中に辞めた場合、料金はかからないので、そこは安心して大丈夫です。

※この後、無料期間中の解約方法もご説明します

Step4:
請求先住所を登録

これで最後、請求先住所を登録します。

※既にAmazonのアカウントに登録してあれば自動入力されます

請求先と言っても、払込用紙や請求書が家に来るわけではなく、領収書を発行する場合に、ここに記載した請求先に届くだけです。

具体的には、以下を入力すればOKです。

上記の内、住所2と会社名は基本記入せず、空欄でOK

住所2は住所1の制限文字数を超過する場合に入力する欄なので、住所1で記入し切れれば入力不要です。

住所が住所1に入力可能な文字数よりも長い場合は、住所2に続きをご入力ください。

引用:Amazonヘルプ&カスタマーサービス「請求先およびお届け先住所について

また、会社名は、注文した商品の届け先が会社の場合に配達員の方が、目印として見ますが、届け先が自宅の場合は記入不要です。

さて、①氏名 ②郵便番号 ③住所 ④電話番号を入力したら、最後は「この住所を使用」をタップして住所を登録します。

そして最後、これまで入力した「お支払い方法」「請求先住所」が正しく入力されているか確認し、「30日間の無料体験を試す」をタップします。

お疲れ様でした。これで登録完了です。

※無料体験期間中に解約すれば料金はかかりません

Amazonプライムの登録の注意点2つ

さて、Amazonプライムのお試し登録のやり方は分かりましたか?

Amazonプライムは、無料体験に申し込みする事でかなり多くのサービスが追加料金なしで利用し放題となります。

ただ、気を付けないと「こんなはずじゃなかった!」となりかねないので、ここでは登録に際する注意点を2つお伝えします。

  1. 今後、値上がりする可能性がある
  2. 無料体験後は自動的に有料会員になる

安心して登録するためにも、読み進めてみてください。

登録の注意点①:
今後、値上がりする可能性がある

2021年現在、Amazonプライムの料金は月額500円 or 年会費4,900円ですが、今後高くなる可能性があります。

というのも、海外では料金が段階的に引き上げられており、例えばアメリカでは、当初約9,000円だったのが2回値上げされ、現在は約13,000円となっています。

日本でも2019年に、年会費が3,900円から4,900円に値上げされましたが、海外各国の料金と比較するとまだまだ安いので、今後の値上げには要注意です。

参考:アマゾン、プライム年会費を初の1000円値上げ–担当者が理由を明かす

登録の注意点②:
無料体験後は自動的に有料会員になる

最後の注意点で、無料体験終了後は自動で有料会員になるので、要注意です。

Amazonプライムは登録のタイミングに関わらず、登録日から30日間が無料体験期間なので、登録から31日目に自動で有料会員になるという事です。

  • 3/1に無料体験登録した場合
    〜3/30までが無料期間。3/31から有料に
  • 3/15に登録した場合
    〜4/13までが無料期間。4/14から有料に
  • 3/31(月末)に登録した場合
    〜4/29までが無料期間。4/30から有料に

そのため、「無料体験してみたけど、有料会員になる程じゃない」と思った場合は、自ら解約する必要があります。

Amazonプライムの解約方法

とはいえ、Amazonプライムの解約方法は、これからご説明する最短手順で手続きすれば1分程度で終わります。

多少分かりづらい解約手続きですが、以下に画像も添付しているので、保存しておくと安心ですね。

では早速、手順は以下となります。

  1. Amazonプライム会員情報」にアクセス
  2. 「プライム会員情報の管理」をタップ
  3. 「会員情報を更新し、プライムをキャンセルする」をタップ
  4. 「プライム会員資格を終了し、特典の利用を止める」をタップ
  5. 「特典と会員資格を終了」をタップ
  6. 「会員資格を終了する」をタップ
  7. 「20xx/xx/xx特典と会員資格を終了」をタップ

因みに、無料体験の初日に解約しても、残りの無料体験期間中はAmazonプライムの各サービスを利用できます

極端な話、無料体験登録直後に解約しても30日間はプライム会員特典を利用できるという事です。

そのため、解約忘れが心配なら、無料体験登に登録した後、早めに上記手順で解約し、無料体験終了後に改めて有料会員になるか考えると良いでしょう。

まとめ:登録も解約も簡単。無料体験だけ試すのも全然あり

Amazonプライムの登録ページは、説明が少なく何を入力すれば良いか分かりづらい箇所がありますが、今回ご説明した登録方法を参考にすれば簡単に登録できると思います。

ただ、登録後は30日経つと自動で有料会員になるので、くれぐれも意図しない解約忘れには注意です。

もし、解約忘れが心配なら、登録後に予め、今回ご説明した解約方法で解約しておくと良いでしょう。

そして、解約後に改めて、有料会員になるか考えると良いと思います。

※無料体験期間中に解約すれば料金はかかりません

フォローする