【学生限定】6ヶ月無料の「Prime Student」を徹底解説!サービス概要から登録方法、口コミまでご紹介

Prime Studentって何?
「対象者や年会費、特典から登録方法など、まとめて知りたい
「サクッと簡単に理解したい」

恐らく、最近Prime Studentについて知った方はこの様に感じていると思います。

事実、公式サイトを見ても情報がまとまっておらず、一つ一つ正確に書いてあるが故に長ったらしくなっており、最低限知っておくべきことが分からないのが実情です。

そこでこの記事では、Prime Studentに興味を持ったあなたが最低限知っておくべきことだけに絞って簡潔にご説明

Prime Studentの対象者や年会費と言った基本情報から始まり、学生版Amazonプライム(Prime Student)と通常版Amazonプライムの違い、特典内容や登録方法、解約方法や口コミまで、ポイントを絞ってご説明します。

この記事を読めば、Prime Studentに登録する前に最低限知っておくべき知識が身に付くはずです。

Prime Studentとは

先ず、そもそもPrime Studentは何でしょうか?

参考:Amazon公式サイト「Prime Student」など

ザックリ言い表すと以下の様になります。

Prime Studentは、会員特典対象の映画やテレビが見放題、200万曲の対象音楽が聴き放題、お得な配送特典などたくさんの会員特典をお楽しみいただける学生限定のプログラムです。

引用:Amazon公式サイト「Prime Student

また、後ほどご説明しますがプログラム(サービス)内容は通常版Amazonプライムと同様+αで、かつ料金は半額です。

そのため、まとめるとPrime Studentとは「通常版Amazonプライムと同様の、配送料無料やプライムビデオなど様々な特典が付いている会員制のサービス料金は半額」と言えます。

そんなお得なPrime Studentの対象者は「学生限定」となっていますが、「学生」とは具体的に誰を指すのか、ご説明します。

Prime Studentの対象者

次にPrime Studentが登録できるのは「学生のみ」です。

参考:Amazon公式サイト「Prime Student」など

Prime Studentの対象である「学生」ですが、具体的には以下に該当する方が「学生」とみなされ、Prime Studentに登録することができます。

  • 大学生
  • 大学院生
  • 短期大学生
  • 専門学校
  • 高等専門学校(高専)
  • 放送大学生

引用:Amazon公式サイト「Prime Student会員登録

いずれの場合も日本国内の学生に限ります。

また、中学生や高校生は「学生」ではなく「生徒」となるため、残念ながらPrime Studentの対象外。大学生になってから登録しましょう。

ただ、高等学校(高校)ではなく高等専門学校(高専)に通っている場合はPrime Studentに入ることができます。

また、その他細かい条件は公式のPrime Student 会員登録に書いてありますが、学生であれば基本的に条件は満たしているはずなので、大丈夫と思います。

・日本国内にある大学、大学院、短期大学、専門学校または高等専門学校の学生であること。(高校生はPrime Student会員登録の対象外です)
・有効な学籍番号を持っていること(学籍番号がない場合は、学生用Eメールアドレスを入力するか、学生であることを証明できる書類(学生証の写しなど)をカスタマーサービスにお送りいただく必要があります)
・Amazon.co.jpアカウントを持っていること。
・会費支払用のクレジットカード、au WALLETプリペイドカード、デビットカード(クレジットカードをお持ちでない方は、保護者の同意があれば、au WALLETプリペイドカード、デビットカードまたは保護者のクレジットカードを利用できます)を持っているか、携帯決済が可能なこと。
・Prime Student会員限定の特典やキャンペーンに関するEメールのお届けに同意できること。

引用:Amazon公式サイト「Prime Student 会員登録

Prime Studentの料金

次にPrime Studentの料金ですが、単刀直入に言うと、月額250円 or 年額2,450円(月額換算すると204円)です。

参考:Amazon公式サイト「Prime Student」など

通常のプライム会員のサービス+α(本最大10%ポイント還元等)の内容にも関わらず半額の値段となっており、めちゃくちゃ優遇されています。

以前「Amazonプライムのベストな入会タイミングはいつ?」にて、日本のAmazonプライムは他国よりも値段が安いことをご説明しましたが、学生は更にその半額。

私も学生の際にPrime Studentに入り、社会人になってからもプライムユーザーですが、今考えても、学生の頃の半額は破格でしたね。

また、月額と年額の違いは契約期間の長さ。

月額会員は一月ごとの契約更新のため、柔軟に入会したり辞めたりできます。年額会員は一年ごとの契約更新のため、入会したら最低でも一年分の料金がかかり、途中で辞めても基本的に返金はありません。

もちろん年額会員は一年分まとめて契約する分、一月46円、一年で552円お得となっているため、Prime Studentを1年以上使う想定の場合は年額会員の方がお得です。

この他、そもそもなぜPrime Studentがこれだけ安いのかなど、料金全般については以下の記事に書いているので、気になる方はこちらもチェックしてみてください。

Prime Studentの会員特典

次にPrime Studentの会員特典ですが、通常のAmazonプライム会員特典に加え、更に本最大10%ポイント還元などPrime Student会員限定の特典まで付いてきます。

参考:Amazon公式サイト「Prime Student」など

そんなPrime Student会員特典の全容は以下です。

↓Prime Student限定特典
1. 本最大10%ポイント還元
2. 文具・ソフトウェア割引
3. 日用品・サプリ15%オフ

↓Amazonプライム会員特典(Prime Studentでも利用可)
ネットショッピング系
1. 配送料・お急ぎ便 等が無料
2. Prime Now
3. Amazonフレッシュ
4. Prime Wardrobe
5. Amazon ファミリー

エンタメ系
6. Prime Video
7. Prime Music
8. Prime Reading
9. Prime Gaming

便利系
10. Amazon Photos

お得系
11. プライムデー参加権
12. タイムセールに30分早く参加できる権利
13. プライム会員限定割引

以前はプライム会員特典だったが、現在は廃止 or 全会員対象となったサービス
– (全会員対象に) Prime Pets
– (廃止) Kindle端末4,000円引き
– (廃止) Kindle オーナーライブラリー

先ず、Prime Student会員特典で特筆すべきは本最大10%ポイント還元。3冊以上まとめ買いすると7%のポイント還元が受けられ、通常のポイント還元と合わせて最大10%ポイント還元されます。

私が学生の頃、本最大10%ポイント還元は非常に有り難く、大学の教科書も殆どAmazonで購入しましたね(笑)

その他、Prime Student会員限定の特典には文具・ソフトウェアの割引日用品・サプリが15%OFFがあります。

また、Prime Student会員は通常のAmazonプライム会員特典もほぼ全て利用することができるため、配送料無料やお届け日時指定便はもちろん、Prime VideoやPrime Musicも利用できます。

※以前は、Prime VideoやPrime Musicは無料体験期間中に利用できませんでしたが、現在は無料体験期間中でも利用できるようになっています

この様に、Prime Student会員は通常のAmazonプライム会員特典に加え、本最大10%ポイント還元などの限定特典もあり、非常に優遇されていることが分かります。

ただ唯一、Prime Studentだと家族会員登録ができないため、そこは注意です。

※家族会員登録:お急ぎ便無料やお届け日時指定便無料など、一部の特典が登録者の家族も利用できる様になるサービス

因みに、各特典についてもう少し詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。一つ一つの特典について、図付きで説明しています。

Prime Studentの無料体験期間

最後に、Prime Studentには全ての特典が無料で利用できる無料体験登録が用意されていますが、この無料体験期間は6ヶ月です。

参考:Amazon公式サイト「Prime Student」など

Amazonプライムの目玉特典の一つにお急ぎ便無料がありますが、お急ぎ便無料の良さは一度の注文のみならず日常的に何度か注文してこそ分かると思うので、6ヶ月の無料体験期間はありがたいはず。

一方、6ヶ月も便利さを味わってしまうと、もう通常配送じゃ満足できないと言った事態にもなりかねないのですが…。

実際私も学生の頃、Prime Studentに無料体験登録する前は「6ヶ月の無料体験だけ楽しんで、その後は解約しよう」と悪巧み?していましたが、解約後に通常配送じゃ満足できず、結局Prime Studentに再登録していますので(苦笑)

とまあ、Amazonプライムにハマっちゃうのは要注意?ですが、6ヶ月間も無料体験期間があれば、期間中じっくりサービスを利用して、自分に本当にAmazonプライムが必要か考えられると思います。

「Prime Student」と「Amazonプライム」の違い

さて、ここまでPrime Studentの特徴を見てきましたが、一方Amazonには通常のAmazon Primeと言ったサービスも存在します。

この2つのサービス内容は大部分が同じな一方、若干異なる部分が5点あり、それが以下となります。

Amazonプライム-学生版-違い
参考:Amazon公式サイト「Prime Student」など

上の図を見ていただけると分かると思いますが、基本的に学生版(Prime Student)が通常版より優れていると考えてもらって間違いないです。

安い上、通常版と同様+αのサービス内容(特典)があり、かつ無料体験期間も6ヶ月と6倍も長いので。

2017年頃以前は、学生版だと無料体験期間中にPrime VideoやPrime Musicが使えないなど一部制限がありましたが、現在はそのような制限は一切なくなっており、完全に通常版の上位互換となっています。

ただ唯一、家族会員登録ができないデメリットがあるので、家族複数人でサービスを使いたい場合は通常版を選択する必要があります。

Prime Studentを通じてAmazonプライム特典を利用されている場合は、家族会員を登録することはできません。

引用:Amazon公式サイト「Amazonプライム家族会員を登録する

以上を踏まえると、家族複数人でプライム会員の資格をシェアしたい場合は通常版を選択せざるを得ないが、それ以外は学生版(Prime Student)を選択するのが良い、ということになります。

因みに、通常版のAmazonプライムと学生版のAmazonプライム(Prime Student)の違いについては以下の記事でもう少し詳しく書いているので、気になる方はチェックしてみてください。

Prime Studentの登録方法

さて、ここからはPrime Studentに登録しようと思っている方に向けて登録方法をご説明します。

とは言っても登録は非常に簡単で、先ず以下3つのものを

  • あなたが学生であることを証明するもの(学籍番号 等)
  • 支払い方法(クレジットカード 等)
  • Amazonの無料アカウント

次に、Prime Studentの公式登録ページにアクセスし、以下5ステップを記載の通りに進めればOKです。

Prime Student登録までの5ステップ

基本的には、画面に出てきた入力項目を埋めていくだけで3分程度で無料体験登録できますが、もし不明点等あれば以下の記事を参考にしてみてください。

登録に必要な情報を全て記載しています。

Prime Studentの解約方法

また、Prime Studentは解約も非常に簡単

どこのサービスとは言いませんが、よく「解約が複雑で面倒」と言ったサービスが多い中、解約手続きが簡単なのは親切でこちらも安心して登録できます。

実際、Prime Studentの解約手続きは以下の通りで単純明快。1分程度で解約は済みます。

  1. Amazonアプリ or 公式サイトの「Amazonプライム会員情報」をタップ
  2. 次に「会員情報を更新し、プライムをキャンセルする」をタップ

上記の後、2回ほど「本当に解約して良いの?」と引き止められはしますが、気にせず「解約する」をタップすればOK。

また、無料会員登録後にすぐに解約したとしてもPrime Studentのサービスを6ヶ月間使い続けることができるので、解約し忘れが不安な人は登録後に予め解約しておくのもアリです。

因みに、もし解約について不明点があれば以下を参考にしてください。無料体験中の解約や解約タイミングなど、解約について解説しています。

※通常のAmazonプライムの解約について書いていますが、Prime Studentも同じです

Prime Studentの口コミ・評判・評価

最後に、Prime Studentの口コミを見てみます。

良い意見

やはり価格に対してサービスが充実しているといった意見がかなり多かったです。

悪い意見

あまり悪い意見が見つからず…。一応あまり好意的でない意見を載せています。

サービス(特典)内容が時々変更されるのに少し困惑している様な意見もありました。確かに、細かな変更はたまにあるため、登録の前に少なくとも以下は確認してください。

参考:amazon.co.jp「Prime Student 会員特典

また、見たい動画がPrime Videoの見放題対象じゃなかったという意見も。確かに、Prime Videoの見放題対象作品は時々変更されるため、以前Prime Video見放題対象だったとしても、現在は対象外だったりします。

ただ、これはPrime Student登録前に見放題作品の確認ができるため、もしPrime Video目的で見たい作品があるなら、見放題対象か予め以下の記事の手順で確認しておくと安心です。

因みに、もっと口コミをたくさん見たいという方は以下の記事を参考にしてください。Amazonプライムに対する肯定的な意見と否定的な意見を15個ずつ、計30個ご紹介しています。

まとめ:Prime Studentは学生の特権。登録も解約も簡単なAmazon屈指のサービス

Prime Studentは通常版Amazonプライム会員特典+学生限定特典が利用できるお得なサービス。このサービスに登録できるというのは、正に学生の特権と言えるでしょう。

また、価格も通常版のAmazonプライムの半額(月額250円 or 年額2,450円)。250円は一般的なサービス水準からしても間違いなく破格と言えます。

ただ、このPrime Student。登録できるのは最長4年半(無料体験期間6ヶ月+4年)で、卒業と同時に一般のプライム会員に移行されるため、どうせ入るなら早い方がお得。

無料体験(お試し)期間が6ヶ月ある上、解約は簡単&無料体験期間中に解約したら料金は0円。百聞は一見に如かずなので、先ずは無料体験してみると良いでしょう。

フォローする