Amazonチャージのメリット・デメリット|罠がある?本当にお得になのか?

「Amazonチャージってクレカよりお得?」
「デメリットはないの?」
「チャージは面倒じゃないの?」

賢くAmazonを利用する人の多くが使うAmazonチャージですが、知ったばかりだとこのような疑問が浮かぶのではないでしょうか。

結論から言えば、Amazonチャージを利用するのがお得かどうかは、チャージ金額や会員ステータス次第です。

ただ私の場合、毎年6,750ポイントほどAmazonチャージでポイント獲得しており、非常に得しているのは事実。

もし現在、あなたが普通にクレジットカード払いやコンビニ決済、代引きを利用しているなら、ぜひこの記事を読んでみてください。

あなたもAmazonチャージを利用すべきかどうか、判断できるはずです。

Amazonチャージのメリット

まずはチャージタイプのAmazonギフト券を利用する3つの利点をご紹介。

やはりポイント還元に関するメリットが目玉ですが、最大限ポイントを貰うには注意点もあるので併せてお伝えします。

メリット①:
現金払いで最大2.5%ポイント還元される

まず何と言っても大きなメリットは、何回チャージしても毎回貰える高還元のAmazonポイントですね。

amazon.co.jp「amazonチャージ

コンビニやATM、ネットバンキングにて現金でチャージ分を支払えば、最大2.5%ものAmazonポイントが還元されます。

入金手数料もかからないので、還元されるポイントがまるまるお得ということになり、ポイントはAmazonでの買い物に利用できます。

また、チャージの度にポイント還元が受けられるので、利用するたびお得に。逆に利用しないとそれだけ損とも言えます。

メリット②:
更に初回は+1,000ポイント還元される

次の大きなメリットは、初回チャージ時の1,000ポイント還元です。初めてなら先述のポイントとは別に1,000ポイントもらえます。

amazon.co.jp「ギフト券チャージキャンペーン

1,000ポイント貰うには5,000円以上のチャージが必要ですが、5,000円以上であれば何円チャージしても1,000ポイント還元で一定です。

ただ、1,000ポイントをゲットするには公式サイトでのエントリーが必須なので、忘れずにエントリーしてくださいね。

エントリーさえしておけばチャージするのはいつでもOKなので、忘れないうちに今すぐエントリーしておくのをオススメします。

※キャンペーン終了日は未定ですが、
いつ終わるか分からないのでお早めに

メリット③:
ギフト券登録と同じくらい簡単にチャージできる

高ポイント還元のAmazonチャージですが、チャージはギフト券番号を登録するのと同じくらい簡単にできます。

amazonチャージ公式にアクセスするのが30秒、金額・支払い方法を選択するのも30秒くらいで合計1分で準備は完了。

支払い方法を選択した後にチャージ受付完了メールが来るので、そのメールの手順に従ってコンビニで支払えばチャージ完了です。

Amazonチャージのデメリット

現金チャージするだけで普通のクレカや電子マネーよりも高いポイント還元が受けられますが、デメリット(注意点)もあります。

Amazonをよく利用する方は非常にお得ですが、そうでない方はクレカ利用の方が良かったりするので、デメリットも確認してみてください。

デメリット①:
クレカ・電子マネーのポイント還元と併用できない

まず最大のデメリットは、クレジットカードやnanaco等の電子マネーのポイント獲得とは併用できないことです。

amazon.co.jp「amazonチャージ

先述の通り、Amazonチャージでポイントが貰えるのはコンビニ等での現金払いで、クレジット払いだとポイントがもらえません。

また、コンビニ等での支払い時にnanaco等の電子マネーを使ってもポイントの二重取りができないので要注意です。

ただ現在、クレジットカード払いでもポイント還元されるキャンペーンが実施中なので、気になる方は以下をご覧ください。

デメリット②:
小額チャージだと還元率が低い

次のデメリットが、小額チャージにおける還元率の低さです。

amazon.co.jp「amazonチャージ

上図をご覧の通り、90,000円チャージだと2,250円とかなりポイントが付く一方、5,000円チャージだと50円しかポイントが付きません。

よって、ある程度まとまった金額をチャージしないとお得感は薄れます。

5,000円前後のチャージで1%のポイント還元を狙うくらいなら、クレカでも1%ポイントつくのは多いので、クレカで十分でしょう。

デメリット③:
返金不可、10年の有効期限あり

最後のデメリットは、Amazonチャージでチャージしたギフト券残高は返金不可で、使用に10年の有効期限があることです。

amazon.co.jp「Amazonギフト券細則

チャージ金額と支払い方法を選択した後に受付メールがきてもまだキャンセルできますが、入金後はキャンセルや返金ができません。

また、Amazonギフト券の有効期限は10年で、Amazonチャージも例外ではなく、チャージ完了から10年以内に使い切る必要があります。

Amazonチャージ方法

これまでご説明したメリット・デメリットを比較し、あなたにとってメリットの方が大きいと思ったのなら早速チャージしてみてください。

チャージ方法は以下で、チャージ金額・支払い方法の選択までは1分で終わり、その後くるメールに従いコンビニ支払いするだけです。

  1. amazonチャージ公式にアクセス
  2. チャージ金額・支払い方法を選択
  3. コンビニ等にて現金で支払う

先述の通り、初回チャージは5,000円以上の入金で+1,000ポイント貰えるので、キャンペーン参加後にチャージしましょう。

※チャージ前にキャンペンエントリーを忘れずに

Amazonチャージは入金額が大きく、プライム会員ほどメリット大!

Amazonチャージの魅力はなんと言っても高いポイント還元率で、プライム回会員なら最大でチャージ金額の2.5%のポイントがもらえます。

ただし、プライム会員でない一般会員や、一回のチャージ金額が少ないとポイント還元率は大きく下がるので要注意です。

また初回チャージ時は、5,000円以上のチャージでエントリーさえ忘れなければ無条件に1,000ポイントもらえます。

これまでAmazonチャージを利用したことがないなら、とりあえず5,000円以上チャージして1,000円分のポイントを貰っちゃいましょう。

フォローする