Prime Studentの登録方法|無料体験の注意点も解説【2022年最新】

「Prime Studentにスマホでサクッと登録したい」
「登録の注意点は?」
「無料体験の利用だけでもOK?」

Amazonの公式サイトは分かり辛いので、このように思う人は多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、Prime Student無料体験の登録方法や解約方法、よくある質問と回答を簡潔にお伝え。

実際、500人以上の学生がこの記事からPrime Studentの無料体験に登録しています。

もし、あなたも登録しようと考えているのなら、ぜひ読み進めてください。3分でPrime Studentに登録できるはずです。

Prime Studentの対象者

先ず、Prime Studentに登録できるのは、以下に該当する方となります。

amazon.co.jp「Prime Student会員登録

いずれも日本国内の学生に限ります。

因みに、高校生はPrime Studentの対象外ですが、Amazonプライムには登録できるので、そちらに登録すると良いでしょう。

その他、細かい入会条件が気になる方はPrime Student 会員登録をご参考ください。対象学生なら基本的に条件は満たしているはずです。

Prime Studentの
登録に必要な準備

次に無料体験の登録準備です。とは言え、以下の3つを用意するだけです。

Prime Studentの登録に必要な準備

1.学生であることを証明するもの
2.支払い方法(手段)
3.Amazonの無料アカウント
amazon.co.jp「Prime Student会員登録

サクッと登録するなら、学生証明には学籍番号の利用がおすすめです。番号入力だけなので一番簡単。

支払い方法は、クレカやデビット、携帯決済が必要です。無料体験登録にはギフト券が使えないので注意してください。

一度登録しちゃえばその後はギフト券に変更できるので、親にクレカを借りるなどして最初だけ何とか用意しましょう。

Prime Studentの
登録方法(手順)

さて、上記でご紹介したものが準備できたら、早速登録ですね。3分程度ですぐ終わりますが、先に登録までの5ステップを載せておきます。

  1. Prime Student登録ページにアクセス
  2. Amazon無料アカウントでログイン
  3. 学生証明方法を選択・登録
  4. 支払い方法を選択・登録
  5. 請求先住所を登録

1ステップずつ丁寧に解説するので、読みながら登録を進めてみてください。

ステップ1:
Prime Studentの
登録ページにアクセス

先ず、Prime Studentの公式登録ページにアクセスします。

上記ボタンをタップして公式登録ページにアクセスしたら、次に「6か月の体験期間を試す」か「他のプランを見る」をタップします。

どちらを選べば良いか分からない場合は、一旦「6ヶ月の無料体験を始める」をタップして月額プランで登録するのがおすすめです。

料金プランは無料期間中に何度でも変更できるので、登録後にじっくりあなたに最適なプランを考えると良いでしょう。

ステップ2:
Amazon無料アカウントでログイン

次に、無料のAmazonアカウントでログインします。Eメールアドレス or 携帯番号とパスワードを入れて「ログイン」をタップでOKです。

まだAmazonアカウントを持っていない方は、「新しいAmazonアカウントを作成」をタップして作成できます。

ステップ3:
学生証明方法を選択・登録

次に、あなたが学生であることを証明する情報を入力します。以下のどれか1つでOKです。

  • 学籍番号
  • 学校指定のメールアドレス
  • 学生証等(上記2つがない場合)

また、併せてあなたの卒業予定年月を選択します。

まだ留学や院進するか分からない場合は、一旦学部の卒業年月を入れればOK。留学や院進が決まったら、その際は延長申請ができます。

ステップ4:
支払い方法を選択・登録

次に、無料体験が終了し有料会員になった場合に使う支払い方法(手段)を以下より1つ選択し、登録します。

  • クレジットカード (家族カードも可)
  • キャリア決済 (Docomo / au / Softbank)
  • デビットカード

アカウントタイプは「個人用」を選択します。

無料体験のみ利用する場合も支払い方法の登録は必須ですが、無料期間中に解約したら料金は請求されないので、ご安心ください。

ステップ5:
請求先住所を登録

これで最後、領収書発行の際に利用する請求先住所を登録します。

住所欄には自宅の住所を住所1に入力します。住所2は空欄で大丈夫です(住所が長い場合に住所1の続きを2に記入します)。

また、会社名も空欄でOKです。Amazonで購入した商品を会社に届けて欲しい場合だけ、会社名を記入します。

Prime Studentに
登録できない場合

これまでご説明した方法(手順)で上手く登録できない場合、以下のような症状が起きていないかご確認ください。

  1. アプリが開かれてしまう
  2. ギフト券で登録しようとしている
  3. 「お客様は既にプライム会員です」と表示される
  4. 学生認証メールが届かない
  5. 学生用メールアドレス/学籍番号がない
  6. クレジットカードの認証が得られない
  7. 海外サイトにアクセスしている
  8. 居住国が海外になっている
  9. リダイレクトされてしまう

もし上記のどれかがネックで登録できないのであれば、以下の記事をご確認ください。それぞれの対処法をお伝えします。

もし登録できない原因が上記のどれでもない場合は、カスタマーサービスに連絡しちゃいましょう。チャットですぐに問い合わせられます。

Prime Studentの
登録に関するよくある質問

最後に、Prime Studentの登録に関してよくいただく5つの質問に回答します。

登録前に知っておけば安心して無料体験できるので、最後まで読んでみてください。

よくある質問①:
解約は簡単?キャンセル料はいくら?

回答:解約は簡単で、いつでも1分で出来ます。無料体験の期間中に解約した場合はキャンセル料含め一切料金はかかりません

また、登録後すぐに解約しても6ヶ月間は特典を使い続けることができるので、解約し忘れが心配な人は登録後に予め解約してもOKです。

>>Prime Studentの解約方法|無料期間中に解約してもOK?

よくある質問②:
一度解約しても再登録できる?

回答:できます。いつでも何度でも再登録可能です。ただし、6か月の無料体験は初回のみで、解約したら次は最初から有料会員になります

よくある質問③:
高校生なんだけど登録できる?

回答:できません。ただし、一般のAmazonプライムには登録できます。その場合、大学入学後にはPrime Studentに変更もできます

>>高校生でもAmazonプライムに登録する方法

よくある質問④:
既にプライム会員なんだけどPrime Studentに変更できる?

回答:変更できます。変更方法は以下の記事をご覧ください

>>AmazonプライムからPrime Studentへの変更方法

よくある質問⑤:
Prime Studentを利用できる期間は?

回答:無料体験の6か月と有料会員の4年を合わせて最長4年半です

いずれにせよ、Prime Student会員でいられるのは卒業までなので、お得に使い倒すならとにかく早めの登録が吉です。

>>Prime Student 卒業後はどうなる?社会人になっても継続可能?

余談:Prime Student会員は優秀な学生が多い?

Prime Student会員は優秀な学生が多いようです。少し古いデータですが、以下はPrime Studentに登録している会員が多い大学ランキングです。

見てみると、Amazon Prime Student会員の多くが早慶や旧帝、難関国立やMARCH、関関同立などの難関大学に通う学生のようです。

私の出身大学も上記に入っていますが、確かに周りの友人も結構な確率でPrime Student会員でした。

当メディアでは「人生を効率化するために絶対入るべき」と何度もお勧めしていますが、活用できているのはリテラシーの高い層ばかりの模様。

たった208円/月であらゆるプライム会員特典が利用できる学生の特権で、学生であれば誰でも使えるはずなのですが…。

この特権を使っているのが偏差値上位の学生ばかりというところに、優秀な学生とそうでない学生の間の情報格差を感じます。

いずれにせよ、既にPrime Studentの良さに気づき、この記事を読んでいるあなたはリテラシーが高いはず。是非使いこなしてください。

Prime Studentは登録も解約も簡単。入会後も諸々と設定変更可能なので、安心して登録してOK

まとめると、Prime Studentは登録も解約も簡単で、この記事の通りに進めれば3分で無料体験登録が完了するはずです。

料金プランや支払い方法は入会後に何度でも変更可能なので、迷ったらとりあえず登録し、後からじっくり考えてもOK。

また、無料期間は6か月あり、その間に様々な特典を利用してあなたに合わなければ解約してもOK。その場合料金はかかりません。

ただし、Prime Studentが利用できるのは卒業までなので、早めに無料体験を試してみるのがお勧めですよ。

※無料期間中に解約すれば料金はかかりません

フォローする