ヘッダー画像
【図で分かる】学生向けAmazonプライムの登録方法を丁寧に説明〜Prime Student〜 | 自分価値向上研究所

【図で分かる】学生向けAmazonプライムの登録方法を丁寧に説明〜Prime Student〜

サクッとPrime Student(学生向けAmazonプライム)に登録したい
登録前に事前に知っておくべきことは?
とりあえず登録しちゃってOK?

公式のPrime Student登録ページは、非常にシンプルで直感的に登録できますが、ちょっと説明が少ないなと言う印象。

かく言う私も、学生の頃にPrime Studentに登録しましたが、「こんな簡単に登録できるけど…これで良いんだよね?」と若干不安になったものです。

その後、不安ながらも登録し、結局上記は杞憂で終わったのですが…。

とは言え、予め登録方法(手順)の全体像を知っておいた方が安心して登録できると思うので、本記事では図を用い登録方法をご説明します。

また、併せて「登録できない場合にはどうすれば良いか?」「解約は簡単にできるのか?」と言ったところもご説明。

この記事を読めば、あなたも安心してPrime Studentに登録できるはずです。

Prime Studentの対象者は?

先ず、Prime Studentに登録できるのは、以下に該当する方となります。

  • 大学生
  • 大学院生
  • 短期大学生
  • 専門学校
  • 高等専門学校(高専)
  • 放送大学生

いずれの場合も、日本国内に限ります。

※アメリカの大学等に通われている方はこちら

また、その他細かい条件が公式のPrime Student 会員登録に書いてあります。

以下に一部、参考に記載しましたが、学生であれば基本的に問題ないと思うので、軽く読んでおけばOKと思います。

  • 学籍番号 or 学生用Eメールアドレス(末尾がac.jp) or 学生証を持っていること
  • 会員限定の特典やキャンペーンに関するEメールのお届けに同意できること
  • Amazon.co.jpアカウントを持っていること

Prime Studentの登録に必要な準備は?

さて、もしあなたが対象の学生であれば、次は登録の準備です。

準備といっても大したものでは無く、以下のものを用意するだけです。

  • あたなが学生であることを証明するもの
  • 支払い方法(手段)
  • Amazonの無料アカウント

一つずつ説明します。

あたなが学生であることを証明するもの

先ず、Prime Studentは学生限定のプランなので、あなたが学生であることを証明するものが必要になります。

具体的には、学籍番号 or 学生証等 or 学校指定のメールアドレスのうち、どれか一つ用意してください。

引用:Amazon公式サイト

個人的におすすめの登録方法は学籍番号(大体は英数字の羅列)の登録か学校指定のメールアドレス(末尾がac.jp)の登録ですね、楽なので。

因みに私が学生の頃は、学校指定のメールアドレスで登録しました。

当時は、メールアドレスを入力し、仮登録した後に確認のメールがきて、クリックしたら登録完了でしたね。

一応、学生証などをスマホで撮ってカスタマーサービスに送ることで登録もできます。

ただ、学籍番号や学校指定のメールアドレスは入力するだけなので圧倒的に楽。用意できるならこちらの方が良いです。

支払い方法(手段)

次に、登録には支払い方法(手段)が必要になります。

具体的には、クレジットカード(家族カードも可)、キャリア決済(携帯料金と併せて支払い。Docomo・au・Softbankで支払い可)、デビットカードのいずれかを用意してください。

引用:Amazon公式サイト

Prime Studentには6ヶ月間の無料体験がありますが、仮に無料体験の期間中に辞めるとしても、一応最初に登録する必要があります

まあこれは、最低限あなたに支払い能力があるかチェックするような役割も担っているはずなので、少し面倒ですがどれか一つ登録してください。

もちろん、無料体験の期間中に辞めた場合は料金はかからないので、そこはご安心を。

Amazonの無料アカウント

最後に用意する必要があるのはAmazonの無料アカウント

既にアカウント作られている場合はそちらをPrime Studentにすれば良いですが、もしまだ持っていなければこちらから作成ください。

メールアドレス(Gmailなどのフリーメールとキャリアメール、どちらでも可)さえあれば、後は氏名を入力し、パスワードを決めて入力すればOK。1分で完了です。

Prime Studentの登録方法(手順)は?

さて、上記でご紹介したものを準備したら、早速登録ですね。

3分程度ですぐ終わりますが、一応登録までの5ステップを載せておきます。

Prime Student登録までの5ステップ

1ステップずつ丁寧に解説するので、読みながら登録を進めてみてください。

Step1:登録ページにアクセス

先ず、Prime Studentの公式登録ページにアクセスしてください。

次に、「6ヶ月の体験期間を始める」をタップして次のページへ。

因みに、「6ヶ月の体験期間を始める」をタップして登録を進めると、月額プランで登録されます。

もし6ヶ月の無料体験後にも続けることが決まっているなら、その下の「年間プランで6ヶ月の体験期間を試す」をタップして進めてください。

ただ、まだ迷っているなら先ずは「6ヶ月の体験期間を始める」の月額プランがよいと思います。その方が6ヶ月目以降に柔軟に辞められるので。

また、6ヶ月の無料体験期間にもプラン変更は可能ですから、悩んだら一旦「6ヶ月の体験期間を始める」でOKですね。

Step2:Amazonアカウントでログイン

次に、お持ちのAmazonアカウントでログインします。

Eメールアドレス or 携帯番号とパスワードを入れて「ログイン」をタップでOKです。

※上でもご説明しましたが、もしまだアカウントを持っていなければこちらから作成ください。メールアドレス(Gmailなどのフリーメールとキャリアメール、どちらでも可)さえあれば、後は氏名を入力し、パスワードを決めて入力すればOK。1分で完了です

Step3:学生証明方法を選択・登録

次に、こちらで準備しておいてくださいとご説明した、あなたが学生であることを証明するもの(学籍番号 or 学校発行のEメールアドレス)の情報を入力します。

学籍番号か学校発行のEメールアドレスかは、どちらか一方でOKです。

また、併せてあなたの卒業予定年月も選択します。

ここで選択した卒業予定年月の更新日にPrime Studentの会員資格が切れ、もしその頃にもまだ入会していた場合は通常のAmazonプライム会員に移行します。

因みに、まだ院進するか分からないなどの事情がある場合は、とりあえず学部の卒業年月を入れておけばOKです。

後から院進が決まった場合には、再度学生期間が延長された旨をカスタマーサービスに連絡することで、Prime Studentの期間が延長できますので。

学生であるにもかかわらず、通常会員価格でAmazonプライム会員登録が自動更新されるというEメールを受け取った場合は、学生であることを証明することにより、学生料金での登録を継続できます。

引用:Amazon公式サイト「Student会員資格の証明

Step4:支払い方法を選択・登録

次に、こちらで準備しておいてくださいとご説明した、支払い方法(手段)を選択・登録します。

支払い方法はクレジットカード(家族カードも可) or デビットカード or 携帯決済(Docomo・au・Softbankで支払い可)で、どれか一つを選択・登録します。

今回登録するPrime Studentには6ヶ月間の無料体験があり、期間中に辞める場合は料金がかかりませんが、一応最初に支払い方法は登録する必要があります

先にも述べたとおり、これは最低限あなたに支払い能力があるかチェックするような役割も担っているはずなので、正直少し面倒ですが登録してください。

Step5:請求先住所を登録

これで最後、請求先住所を登録してください。

※既にAmazonのアカウントに登録してあれば自動入力されるはずなので、こちらは飛ばしてPrime Studentに登録しちゃっても大丈夫です

個人利用で使う場合は、自宅の住所を入れればOKです。

まあ、支払いは先に登録したクレジットや携帯決済で行うので、払込用紙のようなものが家に来るわけではないのですが、領収書などが必要になった場合用の登録ですね。

因みに、住所1と住所2がありますが、住所1だけの入力で大丈夫です。

また、会社名のところは空欄か「自宅」と入れておけば大丈夫です。私も「自宅」と入力しています(そもそも、何でPrime Studentの登録なのに会社名の欄があるんだろう…不思議ですね)。

最後に、スマホの電話番号を入れればフィニッシュ!

お疲れ様でした。後は6ヶ月の無料体験を楽しんじゃってください。

Prime Studentに登録できない場合は?

さて、これまでご説明した準備・登録方法(手順)でPrime Studentに登録できるはずですが、たまに上手く登録が完了しないことがあります。

そういう場合、大抵はクレジットカード番号が間違っていただとか、学籍番号が間違っていたみたいなことが多いと思いますが、再確認して特に間違いなど見当たらない場合は、カスタマーサービスに連絡しちゃいましょう。

因みに、カスタマーサービスはチャット形式なので、電話が嫌な人も簡単に問い合わせ可能です(個人的には、電話嫌いなので、これは嬉しい)。

私も以前、別の用事で連絡したことがありますが、返信が早くかつ丁寧だったので、困ったら問い合わせちゃった方が早いです。

Prime Studentは簡単に解約可能?

因みに、Prime Studentは自分に合わないと思ったら簡単に解約可能です。

他のサービスではよく「解約が複雑で面倒」と言ったことがあると思います。解約手続きを面倒にして引き止めよう作戦ですね。

一方、Prime Studentは簡単かつ短時間で解約できるので、そこは安心と言えるでしょう。

因みに、具体的な手順は以下の通り。

  1. Amazonアプリ or 公式サイトの「Amazonプライム会員情報」をタップ
  2. 次に「会員情報を更新し、プライムをキャンセルする」をタップ

上記の後、2回ほど「本当に良いの?」と引き止められますが、気にせず解約をタップすれば、ものの1分で解約できます。

また、無料会員登録後にすぐに解約したとしてもPrime Studentのサービスを6ヶ月間使い続けることができるので、解約し忘れが不安な人は登録後に予め解約しておくのもOKです。

このことから見るに、Amazonは相当Prime Studentの内容に自信を持っていますね。

余談:Prime Student会員は優秀な学生が多い?

これは余談ですが、Prime Student会員は優秀な学生が多いです。

以下、少し古いデータですが、Prime Studentに登録している会員が多い大学ランキングとなります。

引用:Amazon公式サイト「2013 Amazon Student上半期ランキング

見てみると、上位は早慶や旧帝、難関国立やMARCH、関関同立など、所謂難関大学で埋め尽くされています

これはどう見れば良いんでしょうね。

このブログでは、Amazonプライムだけは人生効率化するために絶対入っておけ、と何度も主張していますが、今のところAmazonプライム(Prime Student)を使いこなせているのはリテラシーの高い層ばかり、ということでしょうか。

Prime Studentはプライムビデオが見れることもそうですが、何と言ってもお急ぎ便無料や、本のまとめ買い時にポイント還元などが素晴らしく、これを月200円ちょいで使えるので、最早入らない選択肢はないと個人的には思っているのですが…。

まだまだ啓蒙活動が必要そうです(笑)

まとめ:Prime Studentは登録も解約も簡単。入会後も諸々と設定変更可能なので、安心して登録してOK

まとめると、Prime Studentは登録も解約も簡単で、かつ6ヶ月の無料体験期間中にも支払い方法やプランの変更が可能なので、とりあえず登録するのでも大丈夫です。

特にPrime Studentは最大4年(無料体験期間含めると4年半)で、かつ卒業と同時に通常のAmazonプライム会員に移行してしまうので、入るなら早めが良いと思います。

通常のAmazonプライムと異なり、無料体験期間も6ヶ月あるので、続けるか否かはその間にじっくり考えられるはずです。

ただ、6ヶ月の無料体験後は自動的に有料会員に移行してしまうので、もし続けるか分からず解約を忘れるのが不安であれば、予め先に紹介した方法無料体験の登録後に解約しておくのが良いでしょう(解約後も体験期間終了まで利用可)。

「本当は辞めようと思っていたのに、つい解約し忘れて有料会員になってしまった」という事態は避けたいですからね。

フォローする