ヘッダー画像
Amazonプライム無料体験には罠がある?回避方法もご紹介 | 自分価値向上研究所

Amazonプライム無料体験には罠がある?回避方法もご紹介

Amazonプライム_無料体験の罠

「Amazonプライムには30日間の無料体験があるらしいけど、本当に無料?何か怪しいな…」

無料と聞くとお得な感じがする一方、何か罠があるのではないかと思ってしまいますよね。

ただ、Amazonプライムの無料体験に関しては大きな罠はないです。有料の会員と同じことが30日間無料で体験できます。

しかし、小さな罠が3つあります。

これを知っておかないと「こんなはずじゃなかった」となりかねないので、無料体験前に予め知っておくべきことをお伝えします。

この記事の内容を抑えておけば、

  • いつの間にか有料会員になっていて請求が来た
  • 無料体験が終わっていざ有料会員になろうとしたら値上がりしてる

と言ったトラブルを避けることができ、安心して無料体験できるはずです。

無料体験の罠①:無料体験期間が終わると自動で有料の会員に切り替わる

先ず、無料体験で最もトラブルが多いと思われるこの問題。

Amazonプライムの無料体験は30日間無料、これは紛れもない事実です。無料体験期間中に請求が来ることはないのでご安心を。

ただし、無料体験開始から30日過ぎると自動で有料の会員に切り替わります

そのため、「無料体験してみたけど、有料の会員になって継続するほどじゃないな」と思った場合には、自ら解約する必要があります

同様に、「今回は無料体験するだけ。有料の会員になるかはまた今度決めよう」という場合にも、忘れずに解約する必要があります

30日経つと自動で有料会員になることは、無料体験登録時に注釈があるのですが、これが分かりづらい…

そのため、気づかずに有料の会員になってしまったというトラブルが発生しています。

一応、意図せず有料の会員になってしまっても、その後プライム特典を利用しなければサポートに問い合わせて返金を受けられます。

ただ、正直後から返金は面倒なので、この後説明する回避方法で予め対策しておくのが良いでしょう。

無料体験の罠②:ハマりすぎてやめられなくなる

次に、これは罠なのか分かりませんが(笑)

Amazonプライムが便利すぎて、無料体験期間だけでなく有料の会員でも継続してしまう」と言ったことは、要注意?です。

私はAmazonプライム歴6年ですが、正直当初は

無料体験期間だけして解約しちゃおう

と悪巧みしてたものの、現在は

Amazonプライム会員になるのは国民の義務である

と様変わりしているくらい便利なので、もし無料体験期間だけで解約しようと思っているなら、ハマりすぎないように注意です(笑)

例えば、会員特典の翌日無料配送

「別に急いでないから翌日じゃなくても良いし」なんて思っていても、一度翌日配送の素晴らしさを知ってしまうと、もう数日も待てなくなるなんてことも。

また、Amazon Prime Video

「どうせおまけ程度でしょ」なんて侮るなかれ。かなりの数の映画・ドラマ・アニメが見放題なので、はっきり言って30日じゃ全然見切れません。

(因みに、どんな作品が見放題で見れるのかは、こちらの記事に見方を書いていますので、自分の見たい作品が見放題か調べてみてください)

このような感じで、Amazonプライムの便利さや面白さに引きつけられて、ハマりすぎてしまう、というのには注意してください。

無料体験の罠③:無料体験期間中に値上がりする可能性も

最後に、これは起こる可能性がかなり低いですが、無料体験後に有料の会員になろうと考えている方は、一応注意してください。

Amazonプライムは2007年に日本でサービス開始をしてから、一度だけ、2019年に年会費1,000の値上げ(3,900→4,900円)を実施したことがあります。
(参考:アマゾン、プライム年会費を初の1000円値上げ–担当者が理由を明かす

また、以下の記事でも書きましたが、日本のAmazonプライムは今後さらなる値上げの可能性があります。

もちろん、値上げの前にはアナウンスがあると思うので、しっかりチェックしておけば問題ないです。

ただ、こう言った可能性があることを知らないと、

無料体験開始時は年会費が4,900円だと思ってたのに、いざ有料の会員になったら値上がりしてた

みたいになりかねないので、一応お知らせしておきました。

ただ、改めてにはなりますが、有料の会員になる際に突然値上がりしている可能性はかなり低いので、気に留めておく程度で良いでしょう。

回避方法:自動で有料会員に切り替わらないようにする方法

さて、ここから「無料体験の罠①:無料体験期間が終わると自動で有料の会員に切り替わる」の回避方法をご説明します。

この方法を無料体験の初日に実施しても、残りの期間はAmazonプライムの各サービスを利用できます

そのため、もしまだ有料の会員になるか決めてないのであれば、解約し忘れを防ぐために無料体験開始後すぐに実施しても良いかもしれません。

では早速、手順は以下となります。

  1. Amazon公式サイトの「Amazonプライム会員登録をキャンセルする、返金を受ける」にアクセス
  2. 「Amazonプライム会員登録のキャンセル」をタップ
  3. 「特典と会員資格を終了」をタップ
  4. 「会員資格を終了する」をタップ

これだけです。

何とか引き留めようとしつこく再確認されますが、気にせず終了しましょう。

再三になりますが、ここで終了しても期間終了までは無料体験できるので、そこは安心して残りの期間を楽しんでください。

↑最終確認画面。解約しても無料体験30日が終わるまでは利用可能と書かれています

補足:無料期間終了の3日前に通知を受けることもできる

上記の方法を実施することで、解約し忘れて有料会員になってしまったということは確実に避けられる一方、有料会員になる際は再登録が必要になります。

そのため、無料体験終了後に有料会員になる可能性がある程度あるなら、上記の方法で一旦解約するよりも良い方法があります。

それは無料体験終了の3日前にメールで通知をもらう方法。

先の回避方法の3の選択肢の他に「更新前にお知らせを受け取る」がありますが、こちらをタップした場合は、無料体験が解約されることなく、終了の3日前にメールで通知がきます。

この方法であれば、無料体験終了後にそのまま使い続けることができるので、有料会員になろうと思っている人におすすめの方法です。

ただし、このメールの通知を見逃す心配がある場合は、一旦会員資格を終了しておくのが良いでしょう。

少し面倒なだけで、特に何のデメリットもなく有料会員登録はできますから。

まとめ:まだ有料会員になるか分からないなら、一旦解約しておくのも良いでしょう

Amazonプライムは翌日配送が非常に便利だったり、PrimeVideoで様々な映画など見れたり、非常に魅力的なサービスです。

私も当初は「無料体験だけして解約しよう」と考えていたものの、その魅力に取り憑かれ、いつの間にか6年もプライム会員を続けています

とは言え、Amazonの使い方によってはプライム会員になる必要がない方もいると思うので、今回ご紹介した方法で、無料体験登録後に一旦解約しておくのはありでしょう。

そうすることで、勝手に有料会員になるのを避けられるので、30日の無料体験後にじっくりと有料会員になるか考えられます。

先ずは無料体験登録して、Amazonプライムの便利さ・楽しさを体験してみてください。

フォローする