ヘッダー画像
【いきなり簿記2級】0から独学で合格した勉強方法ー1ヶ月半で合格 | 自分価値向上研究所

【いきなり簿記2級】0から独学で合格した勉強方法ー1ヶ月半で合格

今回は外資系コンサルタントのTAKAHIROが、簿記2級を独学、1ヶ月半の勉強で合格した勉強方法を紹介します。

勉強開始時の僕のスペックは

  • 簿記3級は持っていない
  • 会計の知識は殆どない(僕は理系で、会計の勉強は特にしたことがなかった)

という状態でした。

この状態から

  • 平均1日1時間30分の勉強を1ヶ月半続け、合計約66時間の勉強量

で2級に合格しました。

合格点70点のところ、83点での合格で、高すぎずギリギリすぎずの、時間対効果で考えたら丁度いい勉強時間で合格できたのではと思います。

この記事では、僕が合格するために行った具体的な勉強方法や、使った参考書、参考書の使い方まで具体的に紹介します。

まずは最新の過去問を3年分見る

まず最初に過去問3年分の問題と答えを見ました。

この段階では、会計の専門用語がわからないので、問題文の意味や解答の意味もわかりません。

しかし、最初に過去問(本番の問題)というゴールを知っておくことにより

  • こういう問題が解ければいいんだということが分かり、この後の勉強を効率よく進めることが出来る
  • 勉強中に浮かぶ「本当にこんなの出るの?」という疑問を軽減できる

という効果が期待できます。

最初に過去問を見るというと、

「最後の確認で過去問を使いたいのにこれじゃ意味がない」

と思うかもしれませんが安心してください。

何の知識もない最初の段階で問題を見たところで、1ヶ月半後にもう一度解くときには忘れています。

実際、僕も参考書が一通り終わった後に過去問を解いたら、全く覚えていませんでした笑。

使用した参考書3冊と使い方

合格するために使った参考書は下の3つだけです。

この「みんなが欲しかった」シリーズは、僕が見た他の参考書と比較してとても簡単に書かれているため、簿記の勉強の初学者にはとても読みやすくなっています。

「減価償却費」が分からないほど会計の知識がなかった僕でも、何度か読み返した程度で、殆ど理解するくらい平易に書かれています。

「問題集もやる必要があるんじゃないか?」と思うかもしれませんが、この参考書には各章末に「章末問題」がついており、こちらを解いただけで十分過去問に対応できたので、章末問題を何度か解けば大丈夫です。

ちなみに、僕はいきなり2級の教科書を読み進めようと思ったのですが、3級の知識を知っている前提で書かれているので、全然理解できませんでした。

そのため、初学者は少し面倒くさくても3級の教科書から始めると、無理やり2級の教科書から始めるのと比較して、短い時間で終わらせることが出来ると思います。

基本的には2級の教科書も3級の教科書も読み進めかたは同じです。

進め方のポイント
  1. 用語は一々暗記しようとしない
  2. 一度で理解しようと考えすぎない
  3. 各章末が読み終わったら、その都度章末問題を解く

用語は一々暗記しようとしない

分からない用語が出てきたら一度教科書の索引から引いて調べますが、なんとなく理解したららそのまま読み進めます。

一々暗記しませんでした。

簿記では、重要な用語は嫌という程出てくるので、読み進めるうちにいつの間にか覚えています。

一度で理解しようと時間をかけない

何度か読んでも理解できない箇所は、とりあえず飛ばしましょう。

あなたが理解できず読み飛ばしたとしても、あなたの脳は理解できないことを放置することはせず、無意識下で理解しようとし続けます。

最初は考えても分からなかった問題が、数日後ハッと思いつくという経験はあなたにもあるのではないでしょうか?

この現象を「エウレカモーメント」と言います。厨二病みたいな名前なのは内緒

脳は、あなたが考えていなくても無意識下で理解しようとしてくれていますので、分からなかったらとりあえず飛ばして、数日後にまた読み返して見てください。

最初読んだ時よりも、簡単に理解できるようになってるはずです。

章末問題を最大限活用する

「みんなが欲しかった」シリーズの参考書は各章末に問題がついています。

これが結構良問で、この章末問題が解けるようになれば、過去問に入ってもだいぶ解けるようになっているはずです。

まずは各章を読み終えたら一から順に解きます。

1回解いただけでは頭に定着しないので、翌日、1週間後に、書くのではなく”見て”頭の中で解きます。

頭の中で解く流れは

  1. 問題を見る
  2. 頭の中で答えを出す
  3. 答えをチェックする
  4. あっていたら次の問題へ、間違っていたら解説を読む(それでも分からない場合、教科書本文に戻り理解し直す)

です。

この流れでチェックを行うことにより、最低限の時間で全問題を復習できます。

紙に書かないで頭の中で解く理由は、

  • 紙に書くのは時間がかかる
  • 頭の中で解く方が紙に書くよりも頭を使う

からです。

当たり前の事ですが、紙に書くのを頭で解くようにするだけで、大幅な時間短縮&理解度向上に繋がります。

過去問を繰り返し解く

過去問を繰り返し解きます。

みんなが欲しかったシリーズの章末問題を一通り解き終えたら、過去問は以下の流れで解きました。

過去問を解く流れ
  1. 最新の過去問の大問1つ(得意な分野1つ)を解く
  2. 答え合わせ
  3. 解答を見て間違えたところの理解(解答だけで理解できない場合は教科書も参照する)
  4. 解いた年の1つ前の年の大問1つ(先ほどと同じ大問)を解く
  5. 以降繰り返し

普通は1年ごとにまとめて解くと思いますが、1年ごとに解くのではなく、大問ごとに解きました。

また、大問は得意な分野の順に解きました。

1年ごとではなく大問ごとにとく理由は2つで、

  • 大問ごとに一気に理解を深めることができる
  • 達成感を得やすい

です。

一つずつ説明します。

大問ごとに一気に理解を深めることができる

大問1では、毎年仕訳問題が出題されています。

この仕訳問題を続けて解いていくと、数年おきに似たような問題が出ていることに気づくと思います。

すると、たとえ最初に「減価償却」の問題が解けなかったとしても、その3年前の大問1にも「減価償却」の似たような問題が出題されていて、今度は解けたというようなことが起こります。

そうすることで、短期間で理解→復習をすることが出来るので、記憶に定着しやすく、理解も深まります。

達成感を得やすい

1年ごとに過去問を解いていると、前回は大問1は解けたけど大問4は解けなかった、逆に今回は大問4は解けたけど大問1は解けなかった、というようなことが起こります。

1年分全体の合計点を伸ばすのは中々時間がかかり、モチベーション維持が難しい。

一方、大問ごとに解けば、大問1の場合だいたい15分くらいで解けますので、10年分解いて答え合わせしたとしても150分+αの時間しかかかりません。

頑張れば一日で10年分の大問1を解き終えることができる上、後半はだんだん解けるようになってくるので、すぐに成長を実感することができます。

つまり、大問ごとに解いたほうがモチベーション維持が簡単なんです。

まとめ

過去問1年分→3級の参考書高速回転→2級の参考書高速回転→過去問を大問ごとに回答

僕は上記の流れで1ヶ月半、約66時間の勉強時間で簿記2級に合格することができました。

僕が行った勉強方法のポイントをもう一度まとめておきます。

  • 最初に過去問を1年分解く
  • そこそこの理解で、参考書を高速回転する
  • 過去問を1年ごとではなく大問ごとに解く

そして2つ目の、「参考書を高速回転する」のに向いている参考書が「みんなが欲しかった」シリーズです。

初学者に分かりやすく書かれている上、各章末にある良問を解くことにより、あなたを過去問に取り組めるレベルまで引き上げてくれます。

Amazonでサンプルページを確認できるので、是非見てみてください。