ヘッダー画像
【まとめ】マッキンゼーやBCGなどコンサル資料が無料で見られるサイト | 自分価値向上研究所

【まとめ】マッキンゼーやBCGなどコンサル資料が無料で見られるサイト

【まとめ】マッキンゼー やボスコンのプレゼン資料が無料で見られるサイト

こんにちは、戦略コンサルタントのYuです。

今回は外資系コンサルの資料が無料で見られるサイトを複数ご紹介します。

各ファームのコンサル資料は、資料だけでも何百万・何千万円の価格で納品されます。

それらには、ロジカルで人に伝えるための資料作成の技術がふんだんに使われており、見るだけでも学べることが多いです。

そんなコンサル資料がネットに無料で公開されているので、ロジカルで人に伝わる資料を作りたい人は、見ておいて損はないでしょう。

※有益なサイトがあったら、都度更新します。

マッキンゼーの資料(McKinsey & Company)

先ずはコンサル業界No1と言われるマッキンゼーの資料をご紹介。

マッキンゼープレゼンテーション30+選

マッキンゼーのコンサル資料が30個見られるサイト。

2009~2019年の資料があり、定期的に追加更新されています。

紹介されているのはメガトレンド調査や業界動向といったもので、マクロ的な視点を整理する際の切り口や見せ方が学べます。

マッキンゼーの特徴として、資料に色をあまり使わない、白黒印刷してもわかる程度に、といったことがあります。

ご紹介の資料は少し色が使われているものの、基本はブルーベースでたまにオレンジ、が多く非常に見やすい色使いとなっています。

戦略ファームであればどこも色の使い方が細かく決まっていると思うので、各ファームの色使いを比較してみるのも面白いかもしれません。

※いくつかリンク切れあり

マッキンゼーSlideShare公式

SlideShareという、資料共有のサイトに登録されているマッキンゼーの公式サイトです。22のコンサル資料が紹介されています(2020年7月現在)

こちらもメガトレンド等に関する資料が多いものの、一部上の画像のような、通常のクライアントとのセッションに使うような資料もあり、これは普段の資料作成に非常に参考になると思います。

コンサルティングファームが公開している資料は政府案件等の資料でそれ向けの体裁のものが多いので、上の画像のような少しミリミリした、通常のセッションで使うようなコンサル資料が見られるのは貴重と思います。

マッキンゼーのプレゼンレビュー

39ページに及ぶマッキンゼーのコンサル資料をレビューしている記事です。

資料作成で工夫されている10のポイントが紹介されています。

書いてあることは至極真っ当・当然ですが、これを全て漏らさず行うのは難しいですね…。

定期的に見直して自分ができているか確認したいポイントです。

ボスコンの資料(Boston Consulting Group)

次に、マッキンゼーと双璧をなすボスコンのコンサル資料が学べるサイトを紹介します。

BCGプレゼンテーション

ボスコンの13のコンサル資料が紹介されているサイトです。

やはりこちらも公共系や市場調査系がメイン。

マッキンゼーのコンサル資料は青系がメインでしたが、ボスコンは緑系がメイン。

コーポレートカラーをメインの色に据えているのが分かります。

※いくつかリンク切れあり

BCGSlideShare公式

ボスコンのSlideShare公式。81のコンサル資料がシェアされています(2020年7月現在)。

インフォグラフィックなどもあり、コンセプチュアルな資料を作る際の参考になるものも複数。

(ボスコンの資料はマッキンゼーと比較すると文字が結構多い気がするのは気のせいかな…。どちらも纏まっていて見やすいですが)

ベイン(Bain & Company)

こちらプレゼンというわけではないですが、

  • About Bain
  • Case Work
  • The Bain Way

の3部に分かれており、最初にベインについての紹介、次に資料作成のポイントやベインの企業としての考え方、最後に課題解決に使用するツールについて書かれています。

PwC

PwCのSlideShareの公式。102のコンサル資料がシェアされています。

少し古いものが多いですが、AccountingやFinancial Servicesといったサービスや、Health CareやInsuranceといったインダストリー別に資料が分類されており、興味ある分野の資料が見やすくなっています。

その他:各ファームの資料が1ページに纏まっているサイト

その他、様々なコンサルティングファームの資料が掲載されている記事を紹介します。

McKinsey・KPMG・Deloitte・PwC・EY・BCGの順に、各ファームの資料25個が紹介されています。

1ページに纏まっていて見易いですが、あまり資料作成の参考にならなそうな資料もあるので、ざっと眺める程度で良いと思います。

各プレゼンに、資料作成についての軽いポイントも添えられています。

その他:資料作成の基礎が紹介されているPDF

コロンビア大学の学生による、コンサル資料の作り方の教科書的な資料。

非常に教科書的で、先ずはこういった教科書的なもので資料作成の基礎を抑えておくのが、資料作成の勉強をする上では良いと思います。

上記のような基礎的なところから資料作成を学ぶ場合、日本語であれば以下の本がオススメです。

入門 考える技術・書く技術【スライド編】

入門 考える技術・書く技術【スライド編】

山崎 康司
1,650円(08/15 00:20時点)
発売日: 2016/11/18
Amazonの情報を掲載しています

以前も以下の記事でご紹介しましたが、資料作成が全然ダメだった私を救ってくれた本のうちの一つで、応用的な話は殆どないですが、基礎が纏まっている良書です。

まとめ:各ファームの資料の良いところを自分の資料作成にも取り入れる

今回は様々なコンサル資料が見られるサイトをご紹介しました。

今回ご紹介したのはコンサルティングファームの中でもトップティアと呼ばれる等、業界トップレベルのコンサル資料で、資料作成の参考になる部分がたくさんあります。

そのため、各ファームのコンサル資料を見て資料作成の技術を吸収していきたいところではありますが、とは言えいきなり素晴らしい資料を見ても、解説もなしには中々どこをどう取り入れたら良いか分からないもの。

また今回ご紹介したコンサル資料含め、一般公開されているものはプレゼン用が多く、クライアントとのミーティング用や社内説明の資料は中々表には出てきません。

そのため独学での勉強は中々難しいのが実情ですが、近年は元コンサルの方から上で紹介した本や、以下のような本が出版されています。

外資系コンサルのスライド作成術 作例集: 実例から学ぶリアルテクニック

外資系コンサルのスライド作成術 作例集: 実例から学ぶリアルテクニック

山口 周
2,200円(08/14 14:26時点)
発売日: 2015/03/27
Amazonの情報を掲載しています

資料作成の勉強をする際は先ずこのような本で資料作成の基礎基本を学び、その後、今回ご紹介したようなコンサル資料を色々と見て良い点を取り入れていくのがおすすめです。

例えば上記本では、スライドだけでなく各スライド作成のポイントも併せて書かれているため、勉強しやすいはず。

出典:外資系コンサルのスライド作成術 作例集: 実例から学ぶリアルテクニック

また、上図のようにテンプレートとして活用できるような定番のスライドが多く紹介されており、ここに書いてあるパターンを自分の資料用にカスタマイズするだけでも、かなり見やすい資料になるはずです。

資料作成の基礎基本を学びたい方は是非読んでみてください。

これらの本で勉強した後に今回ご紹介した各ファームのコンサル資料を見れば、また新たな気づきがあるはずです。

フォローする