ヘッダー画像
チームラボ「お台場」に行ってきた!最適な服装や混雑状況もご紹介 | 自分価値向上研究所

チームラボ「お台場」に行ってきた!最適な服装や混雑状況もご紹介

チームラボ

こんにちは、Yuです。

本日は、この間行ったチームラボ「お台場」が良かったので、感想や実際の風景をご紹介します。

※コロナの影響で一時閉鎖していましたが、2020年6月5日より入場制限を設けて再開しています

その他、アクセス方法チケットの買い方最適な服装などの情報もまとめているので、遊びに行く前にぜひチェックしてみてください。

チームラボ「お台場」とは

teamLab Borderless, Digest Movie / チームラボ ボーダレス、ダイジェスト映像
引用:チームラボ公式動画

チームラボ「お台場」は、2018年6月21日にお台場のパレットタウンにオープンした、「地図のないミュージアム」です。

正式名称を「森ビルデジタルアートミュージアム:エプソン チームラボボーダレス」と言いますが、「チームラボ」の名称で知られています。

総面積10,000㎡の空間に520台のコンピューターと470台のプロジェクターが設置されており、「地図のないミュージアム」と言う名の通り、迷路のような空間に様々なデジタルアートが投影されたミュージアムとなっています。

因みに、10,000㎡は東京ドームのグラウンド部分の面積(13,000㎡)に迫る広さであり、見て回っていても結構広く感じました。

また、米TIME誌で「世界で最も素晴らしい場所」に選ばれたこともあり、世界的にも注目の場所となっています。

チームラボ「お台場」の開催期間・営業時間・所要時間

チームラボ「お台場」の開催時期・営業時間は以下となっております。

  • 開催時期:2018年6月21日〜常設
  • 営業時間:
    月~木・日・祝日:10~19時(最終入場 18時)
    金・土・祝前日:10~21時(最終入場 20時)
    ※第2・第4火曜日は休館日

    ※最終入場は閉館1時間前

現在コロナの影響により、営業時間が以下の通りに短縮されています。

  • 営業時間:
    平日:11~17時
    土・日・祝日:10~18時
    少なくとも10月までは上記営業時間のようです

所要時間は個人差あると思いますが、私は全アートをゆっくり見て回って大体4時間程度でした(デート利用)。

結構ゆっくり見て回ったので、さらっと見るくらいだと2時間~くらいで見終わると思います。

特に現在はコロナの影響で入場人数が制限されているので、普段よりスムーズに見て回れます。

一番人気?のランプの森も、普段は1時間待ちくらいみたいですが、30分待ちで見る事ができました。

ちゃんと感染対策もされているので、気をつけながら見て回れば今は意外と行くのに良いタイミングかもしれません。

チームラボ「お台場」へのアクセス方法

引用:チームラボ公式サイト

チームラボ「お台場」は、パレットタウンにあります(観覧車乗り場のすぐ近くが入り口となります)。

正確な住所は、東京都江東区青海1-3-8 お台場パレットタウン 2階となります。

そのため、アクセス方法は以下となります。

  • 電車の場合:
    りんかい線「東京テレポート」または、東京臨海新交通ゆりかもめ「青海」から徒歩5分程度
  • 車の場合:
    バレットタウンの駐車場から徒歩5分程度
    ※駐車料金は、月~金:最初の1時間は500円で以降30分ごとに250円(最大1日1,500円)、土・日・祝日:最初の1時間は600円で以降30分ごとに300円です。「チームラボ」の利用者は、インフォメーションセンターにて駐車券と入場券を見せる事で2時間無料となります

チームラボ「お台場」のみ or 平日であれば、車で来てもあまり駐車料金はかからないと思いますが、他の場所も見て回る場合や休日であれば電車で来た方が安いでしょう。

チームラボ「お台場」のチケットの買い方

引用:チームラボ公式サイト

チームラボ「お台場」のチケットの買い方は、現在以下のサイトからの事前購入のみとなっています。

チームラボ_チケット購入

現地での販売はないので注意です。
※空きがあれば当日でも上記サイトからは購入可能です

また、価格は以下の通りとなっています。

  • 大人(高校生以上):3,200円
  • 子ども(中学生以下 ※3才以下無料):1,000円
  • 障がい者割引:1,600円
    ※手帳お持ちの本人様と同伴者1名まで購入可(入場には1人1枚チケットが必要)

個人的に行く前は3,200円は少し高いな…と思っていたのですが、行ってみるとかなり世界観が作り込まれていてとても良かったので、この値段にも納得です。

チームラボ「お台場」に最適な服装

鏡ばりの地面。彼女はインナーパンツを履いて対策したそうです

服装はチームラボ「お台場」に行く際に少し注意が必要なポイントとなります。

館内にはアスレチックで遊ぶエリアや床まで鏡ばりのエリアがあったりするので、それを踏まえて服装選びをする必要があります。

具体的には、以下の点に気をつけた方が良いです。

  • スカートは非推奨。床が鏡ばりのエリアがあるため
  • 靴はスニーカー推奨。アスレチックや滑り台で遊ぶエリアがあるため。また、立っている時間が長く、ヒール等だと疲れると思う

また、個人的に思ったのは、“映え”を気にするなら真っ白の服 or 真っ黒が良いと言うこと。

プロジェクションマッピングされる映像が服に当たった際に、真っ白 or 真っ黒の服には綺麗に映っていました。

因みに、空調はしっかりと調整されているため、基本的には快適な気温となっているはず。とはいえ、8月に行った際は個人的に少し肌寒かったため、中は薄着で羽織りものを持っていくなど、調整できる格好が良いと思います。

【2020年8月】チームラボ「お台場」の混雑状況

休日でしたが、ゆったりと回れました

普段、特に休日は結構混雑していると話題ですが、現在は人数制限を設けているため、私が行った時(休日)はあまり混雑しているとは感じませんでした。

館内の広さも相まって、特に人との距離を気にすることもなかったです。

また、上でも述べましたが、ランプの森は30分待ちでした。ランプの森の部屋自体の入場人数も制限していてこの時間なので(友人が以前行った際は人数制限せずに1時間待ちなど)、やはり普段より今は空いているのだと思います。

人数制限や入館時の検温、アルコール除菌やマスク着用依頼などのコロナ対策がとられているため、ちゃんとマスクなどすれば、空いている今はむしろ快適に楽しめるタイミングなのかもしれません。

チームラボ「お台場」に行った感想

さて、ここから少し感想で、正直期待していなかったものの、良い意味で裏切られました。

行ってよかった」です。

かなり世界観が作り込まれており、地図がないと言うコンセプトと部屋の暗さが相まって、別世界に迷い込んだような感覚でした。

東京近郊に住んでいる私としては、都内で非日常を手軽に味わえる数少ない場所の一つと感じました。

また、写真映えすることや薄暗くて自然と距離が近くなること、館内はどこもプロジェクションマッピングされていて話題に困らないことから、デートに適した場所と感じました(私もデートで利用しました)。

2階からの景色。色鮮やかで非常に綺麗です
ランプの森。色が刻々と変わります
紫バージョン

このランプの森は専用の部屋が用意されていて、唯一入る前に並ぶ形式がとられています。

そのため、部屋が人でうめつくされると言ったこともなく、空間にゆとりを持って見られます。

ただ、時間は割と短いので、写真を撮りたい方はテキパキと撮影しちゃった方が良いです。私も入ってすぐ、写真を撮っておきました。

無限の透明。ガラスに様々な模様が映し出されます。一番のお気に入りエリアです
地形の記憶。蓮?のようなオブジェに様々な模様が映し出されます
Wander through the Crystal World。写真映えする有名なエリアですね。中に入っても綺麗ですが、一歩離れてみても綺麗です
こんな感じで映え映えです

こんな感じで、チームラボ「お台場」は、非常に作り込まれた別世界に迷いこんだ感覚になれる、非日常な空間です。

ぜひ、あなたも訪れてみてください。

因みに、もっと写真が見たい方はインスタで「#teamLabBorderless」のハッシュダグで検索すると、色々な方の写真が見れます。

ではまた。

フォローする