Amazonプライムは無料期間中に解約すればタダ?1分で出来る解約方法から無料体験の注意点まで徹底解説

「無料体験中に解約したら本当に無料?
「解約って簡単? 解約方法は?」
「無料登録前に知っておくべき注意点は?」

恐らく、Amazonプライムの無料体験に登録しようとすると、このような疑問が湧くのではないでしょうか?

実際、公式サイト含め無料体験についてまとまったサイトが無く、意外と情報を集めづらいのが実情。

そこでこの記事では、実際にAmazonプライムの無料体験を2回利用したことのある私が、無料体験について徹底解説します。

もし、あなたがAmazonプライムの無料体験をしようと考えているなら、読み進めてみてください。体験登録前にあらゆる疑問が解消されるはずです。

Amazonプライム無料体験の基本情報

先ず、Amazonプライムの無料期間含め、無料体験の基本情報を3つお伝えします。

無料期間以外にも、無料体験中に利用できるサービス(特典)や無料体験の注意点は気になると思うので、一つずつ説明しますね。

基本情報①:
Amazonプライムの無料期間
(何日間?いつからいつまで?)

先ず、Amazonプライムの無料期間は30日間あります。

また、無料期間は無料体験登録日から数えて30日間なので、いつ登録しても30日間は無料体験できます。

他のサービスだとよく最大で30日間(月末まで)と言ったことがあり、月の途中に登録すると15日程度しか無料期間がないなんてことも。

Amazonプライムの場合はそんなことなく、いつ登録しても30日間は無料です。

例えば、4/1に無料体験登録した場合は4/30まで、4/15に無料体験登録した場合は5/14までが無料期間です。

なので、登録するタイミングは気にしなくてOKですね。

基本情報②:
Amazonプライムの無料期間中に利用できる特典

また、30日間の無料体験期間中は、有料会員と同じ特典を全て利用できます。

つまり、Amazonプライム特典である配送料無料やお急ぎ便・お届け日時指定便無料、Prime VideoやPrime Musicなどの特典が、無料期間中にも利用できるということ。

そのため、無料期間中に色々と試してからAmazonプライムの有料会員になった方が良いか判断できますね。

因みに、そもそもAmazonプライム会員になるとどんな特典が利用できるの?と気になる方は、以下の記事をご参考ください。

Amazonプライムに含まれる全特典を1つずつ詳細に説明しています。

参考:Amazonプライムとは?会員特典・料金・登録方法・解約方法など徹底解説

基本情報③:
Amazonプライム無料体験の注意点

有料会員と同じ特典が全て利用でき、申し分ないと思われる無料体験ですが、一点だけ注意点があります。

それは、無料期間の30日が過ぎると自動で有料会員に移行するということ。

そのため、無料体験で満足いかず有料会員になるまでもないと思った場合には、忘れず自ら解約手続きをする必要があります。

30日間経つと有料会員に自動移行するのは、登録画面にも記載されているのですが、見落としやすいため要注意です。

引用:Amazon公式サイト「Amazon Prime

最近でこそ、このように自動更新されるサービスは普及してきましたが、ちょっと不親切ですよね…。

このように、解約する場合は自ら無料期間中に解約手続きする必要がありますが、解約自体は非常に簡単なので、予め解約方法を覚えておくと安心です。

Amazonプライム無料体験の解約方法

さて、Amazonプライム無料体験の解約ですが、1分程度で終わります

多少分かりづらい解約手続きですが、以下に図付きで表現しているので、画像を保存しておくと安心ですね。

では早速、手順は以下となります。

  1. Amazonプライム会員情報」にアクセス
  2. 「プライム会員情報の管理」をタップ
  3. 「会員情報を更新し、プライムをキャンセルする」をタップ
  4. 「プライム会員資格を終了し、特典の利用を止める」をタップ
  5. 「特典と会員資格を終了」をタップ
  6. 「会員資格を終了する」をタップ
  7. 「20xx/xx/xx特典と会員資格を終了」をタップ

最後の方は何とか引き留めようと数回ほど確認されますが、気にせず終了しましょう。これで自動的に有料会員に移行する心配はなくなりました。

因みに、この解約手続きは無料体験期間中いつ実施しても、30日間はプライム会員特典を利用し続けられます

極端な話、無料体験登録直後に解約しても30日間はプライム会員特典を利用でき、かつ解約忘れの心配もないという事です。

Amazonプライムは解約しても、またいつでも簡単に再登録できるため、解約忘れが心配なら早めに解約しておき、無料体験終了後に改めて有料会員になるか考えるのも全然アリですね。

Amazonプライム無料体験のよくある質問

最後に、私がよくいただくAmazonプライム無料体験に関する質問3つに回答しようと思います。

結構同じ疑問を持つ方がいると思うので、確認してみてください。

よくある質問①:
無料期間終了日はどうやって確認すれば良い?

以下の方法で確認できます。

上記の手順を踏むと「会員資格更新日」と表示されますが、その日付の“前日”が無料期間終了日となります。

右画像に記載の日付の”前日”が無料期間終了日なので、間違えないように

よくある質問②:
無料体験を延長できるって聞いたけど本当?

本当です。

ネットで検索すると「延長出来た」という人がチラホラいますし、実際私の友人で「延長出来た」と聞いたこともあります。

ただ、公式にアナウンスされているわけではないため、延長できる正確な条件は分かっていません。

しかし、私の聞いた複数の意見を統合すると、どうやら以下2つの条件は最低限満たす必要がありそうです。

  • 無料期間中、ある程度プライム会員特典を利用する
  • 無料期間の30日間が終わる直前に解約しようとする

因みに、無料期間の延長のオファーは、先にご説明した解約方法に従い解約手続きを進めている最中に、以下のような形で提示されます。

ただ、延長のオファーが提示される条件は不確定なので、もし提示されたらラッキー程度に考えておいた方が良いですね。

よくある質問③:
一度無料体験したことがあっても、再度利用できる?

できます。

実際、私も2回無料体験を利用しており、公式でも過去12ヶ月間Amazonプライムになった事がなければ無料体験に登録できる、と記載があります。

過去12か月の間にAmazonプライム会員になったことのない方は、無料体験にご登録いただけます。

amazon.co.jp ヘルプ&カスタマーサービス「Amazonプライム無料体験に登録する

ただ、この公式のアナウンスは消えたり追記されたりするので、要注意です。

ただ、あなたが今現在無料体験を利用できるか確認するのは非常に簡単で、「Amazonプライム 公式サイト」にアクセスするだけ。

以下の画面が表示されれば無料体験を利用できます。

この画面が表示されれば無料体験の対象です

参考:Amazonプライム 公式サイト

まとめ:無料期間中に解約すればタダなので、安心して無料体験可能

Amazonプライムの無料体験は、無料期間中に解約すれば料金はかかりません。

そのため、基本的に無料体験登録後は安心して色々な特典(サービス)を利用できます。

ただ、30日経つと有料会員に自動移行するのだけは注意。

もし解約忘れが心配であれば、カレンダーに無料期間終了日を登録しておくか、先ほどご説明した解約方法で、登録後に予め解約しておくのがおすすめ。

解約後も無料期間終了までは特典を利用できますし、再登録も簡単なので。

因みに、Amazonプライム無料体験の登録方法は以下にて図付きで分かりやすく説明しているので、登録される方は要チェックです。

学生のあなたは、以下をチェック。

フォローする