ヘッダー画像
「広告つき」のKindleは正直やめた方が良いです | 自分価値向上研究所

「広告つき」のKindleは正直やめた方が良いです

こんにちは、戦略コンサルタントのYuです。

この記事では、

  • Kindleの購入を検討しているが、「広告つき」と「広告なし」どちらを選ぶか迷っている

と言った方に向け、

  • kindle買うなら絶対に「広告なし」が良いですよ

と言うことをお伝えします。

私はかれこれ4年以上Kindle Paperwhiteの「広告つき」モデルを使っていますが、選び直せるなら絶対に「広告なし」を選びます笑

と言うのも、

  • 待ち受けに広告が表示されることで、ロック解除の手間が増える
  • 途中で「広告なし」が良いと思っても、解除できない
  • 上記のデメリットがあるにも関わらず、価格差は2,000円しかない

と言ったように、「広告つき」と「広告なし」で2,000円の差しかないのにそれ以上にデメリットが大きいからです。

この記事では、上記について、私の体験を基に詳しくご説明しますので、「広告つき」と「広告なし」で迷っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

広告の表示位置は全部で2箇所だが…

先ず、Kindle「広告つき」の広告表示位置は全部で以下2箇所です。

  • 待ち受け画面
  • ホーム画面下部
Kindle_広告つき
待ち受け画面の↑が広告。昔は別の広告もありましたが、ここ数年はこの広告しか表示されません。
Kindle_ホーム画面
↑ホーム画面。下にある「Kindleストアでお気に入りの1冊を見つけよう」のバナーが広告です。

「広告つき」のKindleは、この2箇所しか広告が表示されません。

そう聞くと「なんだ、この2箇所だけなら広告つきでも良いじゃん」と思うかもしれません。

実際私もそう思い「広告つき」を購入した訳ですが、そこには大きな落とし穴がありました。

待ち受けに広告が表示されることで、ロック解除の手間が増える

その落とし穴とは、待ち受け画面の広告

待ち受け画面に広告が出ることで、ロック解除する際にスワイプしなければホーム画面が表示されません。

つまり、「広告なし」と比較してロック解除まで一手間増えます

画像で説明すると、「広告なし」の場合、電源ボタンを押すと直ぐにホーム画面が表示され、本を選ぶことができます。

電源を押すと
直ぐにホーム画面が表示されます。

一方「広告つき」の場合、電源ボタンを押すと一旦広告の画面を挟み、画面を右スワイプしなければホーム画面が表示されません。

画面に写っているのは広告で、電源を押すとこの画面になります。そして、スワイプしないとホーム画面が表示されません(スワイプしてKindleをロック解除の文字が見えますね…)。

画像だとわかりづらいかもしれないので補足すると

  • 「広告なし」の場合:電源ボタンを押す→ホーム画面
  • 「広告つき」の場合:電源ボタンを押す→スワイプする→ホーム画面

となります。

この一手間は、時間にすればほんの数秒なのですが、頻繁に使うKindleでこれは正直面倒と感じます。

例えば、iPhoneはその昔スワイプで解除していた時代がありましたが、現在はFace ID(一つ前でもTouch ID)で直ぐにホーム画面が開きます。

このスワイプとFace ID/Touch IDの手間の違いは時間にすればほんの数秒。でも、正直もうスワイプには戻れないですよね。

Kindleもこれと同じで、毎回使う時のこの一手間が面倒臭い。特にiPhoneでFace ID/Touch IDでロック解除している人は、そう感じると思います。

私は惜しくも4年ほど前に「広告あり」を買ってしまったのでずっと後悔していますが、そう言っても仕方ないので、そろそろ「広告なし」を買おうかと思っています(今年の6月に新色も出たことですし)。

途中で「広告なし」が良いと思っても、解除できない

さて、上記で「広告つき」の最大のデメリットはロック解除に一手間増えることをお伝えしましたが、この広告、既にお察しかと思いますが、途中で消すことができません。

基本的に、端末情報を基にAmazonが出す出さないを制御しているはずなため、「広告つき」と「広告なし」の差額2,000円+αくらい払えば広告消せるのでは?と思ったのですが甘かった。

問い合わせてみたところ、「基本的に広告を消すことはできません」とのこと。

他の方のブログを見てみると、大体私と同じ結果になっている模様な一方、どうやらAmazon Prime会員かつ何らかの条件が満たされていると特別に解除できることもあるとのこと。

とはいえ、やはり基本的に「広告つき」のKindleを購入した場合は、途中で広告を消すことはできないと考えた方が良いでしょう。

上記のデメリットがあるにも関わらず、「広告つき」と「広告なし」の価格差は2,000円しかない

ちょっと上でも書きましたが、「広告つき」と「広告なし」の差額は2,000円です。

この価格差を大きいと見るか小さいと見るかは人によるかと思いますが、個人的にこの価格差は小さいと思います。

というのも、上で述べた通りロック解除に一手間増えるだけですが、Kindleは日常的に使うものなので、チリも積もれば結構なストレスです。

Kindleは一度買ったら数ヶ月とかではなく数年は使うと思うので、そう考えると2,000円ケチらずに「広告なし」を選んだ方が良いですね(私の場合はケチって後悔しているわけですが…)。

まとめ:「広告つき」と「広告なし」で迷ったなら「広告なし」を選ぶのが良い

ここまで読んでいただいた方には繰り返しになりますが、「広告つき」と「広告なし」で迷ったなら「広告なし」を選べば私のように後悔しないはずです。

Kindleは一度買ったら数年は使うと思うので、毎回ロック解除に一手間加わるくらいなら2,000円出して「広告なし」を選ぶ方が良いはず。

むしろ2,000円ケチって「広告あり」を選んだら、私のように後悔する可能性が高いです(もちろん、迷っていないのであれば「広告あり」も良いと思います)。

是非参考にしていただいて、後悔のない選択をしてください。

フォローする